月刊星ナビ 2017年11月号

星空や宇宙、天体写真、望遠鏡に興味のある人のための月刊情報誌

  • 特別定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2017年10月05日
  • レーベル:月刊星ナビ
月刊星ナビ 2017年11月号

星空や宇宙、天体写真、望遠鏡に興味のある人のための月刊情報誌

多くの天文ファンが出かけた8月のアメリカ皆既日食から2か月、各地の様子や日食写真の処理方法など、行った人も行かなかった人も気になる情報が満載です。特集は人気シリーズ「世界の星絶景」の第4弾。心に残る星空を探しに、旅に出てみませんか。

■表紙画像
前田徳彦さんによる、ニュージーランド南島、テカポのシンボルともなっている「善き羊飼いの教会」と星空の写真です。高く昇った天の川中心部と教会からもれる灯りが調和しています。

■世界の星絶景4「撮りたい星を求めて旅に出る」(撮影・文/小澤太一・前田徳彦・山野井 理・川村 晶・川口雅也)
人気シリーズ「世界の星絶景」第4弾です。日本からは見えない大小マゼラン雲や、天の川の中心部が高く昇った星空、地上の様々な絶景から見上げた星空を、まるでその場にいるかのように体験できます。

■アメリカ皆既日食 報告&画像処理
8月21日(現地時)に見られたアメリカ横断皆既日食。石井馨さんによる「日食カウントダウン」で国をあげての大騒ぎとなった当日の様子や、各協賛ツアーの観測地の天候を報告するとともに、塩田和生さんの「日食を撮る」ではコロナの画像処理や目で見た姿の再現方法を詳しく解説します。渡部潤一さんや、飯島 裕さん、由女さん、ブラック星博士などの連載陣も日食をテーマに執筆していただきました。

■ステラショット+ステライメージ8で「かんたん天体写真撮影」
星雲や星団の拡大撮影をするためには、正確な極軸合わせやアライメント、何枚ものテストショットなど、非常に手間がかかります。しかし「ステラショット」を活用すればかんたんに撮影できるうえ、「ステラーメージ8」を使えば、短時間露出で多数枚を撮影した画像を簡単にコンポジットすることができます。

■ナローバンドで星雲を撮る2(作例・解説/荒井俊也)
ナローバンド撮影で最も一般的に使われるフィルターはHα、OIII、SIIの3種類ですが、取得したナローバンド画像をカラー画像として可視化するためには工夫が必要です。色の割り当てをするにあたって、何を考慮すべきかを解説します。

雑誌売上ランキング

最近チェックした商品