自閉症のうた

『自閉症の僕が跳びはねる理由』の東田直樹、書き下ろし最新エッセイ!

  • 著者 東田 直樹
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2017年05月26日

『自閉症の僕が跳びはねる理由』の東田直樹、書き下ろし最新エッセイ!

命というものは
つなぐものではなく
完結するものだ――

『自閉症の僕が跳びはねる理由』の東田直樹、書き下ろし最新刊!
NHKドキュメンタリーで執筆風景が放送された短編小説「自閉症のうた」も収録。


「命のバトン」という言葉があるが、これは命をつないで生きることを意味しているのだろうか。
僕は、命というものは大切だからこそ、つなぐものではなく、完結するものだと考えている。
……
他の人がバトンをつないでくれるという意見もあるだろう。
でも、それなら「命は完結する」でいいと思う。
それぞれの人生を完結させることでしか、人は前に進めないのではないだろうか。
――「アイルランドへ」より

(目次)
はじめに
アイルランドへ
僕たちにとっての「言葉」――作家デイヴィッド・ミッチェルとの対話
自閉症のうた

おわりに

書籍売上ランキング

最近チェックした商品