この恋に未来はない1

僕にはヒミツがある。一生秘めると誓った、2つのヒミツが――。

  • 作画 粉子 すわる
  • 原作 森橋 ビンゴ

僕にはヒミツがある。一生秘めると誓った、2つのヒミツが――。

1980年、春――。
都内の大学に通う曲直瀬雄二(まなせゆうじ)は、2つの“ヒミツ”を抱えていた。
それは、高校からの腐れ縁である松永正樹への密かな想い。そしてもう1つは、自分の性に対する違和感だった。

ある日、映画業界で働く姉が撮影用の“ドレス”を雄二の家に残したことをきっかけに、雄二の人生は大きく変わることになる。
“ドレス”を身にまとった雄二は、自分の体への違和感が小さくなっていくのを知ってしまったのだった――。

まだ“トランスジェンダー”という言葉が知られていなかった、昭和時代。
「心の性」と「体の性」の違和感に苦しみながら、“カノジョ”が望んだのは……。

コミック売上ランキング

最近チェックした商品