パナマ文書

世界中で緊急翻訳出版!リークを受けた記者が自ら書いた唯一の書籍。

  • 著者 バスティアン・オーバーマイヤー
  • 著者 フレデリック・オーバーマイヤー
  • 翻訳 姫田 多佳子
  • 解説 池上 彰
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2016年08月27日

世界中で緊急翻訳出版!リークを受けた記者が自ら書いた唯一の書籍。

「ハロー、私はJohn Doe。データに興味はあるか?」

「ジョン・ドゥ」とは、英語圏で裁判のとき実名が公表されては困る人物、
あるいは身元不明の死体に用いられる仮名である。
のちに「パナマ文書」と名付けられ、世界を揺るがすことになったスクープ。
すべては、この身元不明の生ける死体からの一通のメールから始まった。

こうして、本書の著者である南ドイツ新聞のジャーナリスト、
バスティアン・オーバーマイヤーのもとに214,000 の架空会社が関係、
1,150万件にものぼるデータが秘かに送られて来ることになった。
文書の出どころはパナマの法律事務所、モサック=フォンセカ。
事務所の創設者の一人はユルゲン・モサック、ほかでもないドイツ人だった。

データ量は2.6テラバイト。過去のリークとは比べ物にならないサイズだ。
オーバーマイヤーは米国ワシントンのICIJ に協力を求めた。

データは国ごとに仕分けされ、最終的には70か国、400 人にも及ぶジャーナリスト達が調査活動を開始する。
それは『パナマ文書』の信憑性の検証、内容の理解、そして、データをストーリーに翻訳していく作業だった――。

記者たちはいかにして各国首脳・独裁者・FIFA役員・財閥総帥、
サッカー界の世界的スターであるリオネル・メッシらの巨額な隠し財産、
そして、プーチン側近の極秘資産を発見したか。

重要なのは名簿だけではない。そのデータに裏に隠されたものとは何か。


(日本版特別解説・池上彰氏)

翻訳独占権:KADOKAWA

書籍売上ランキング

最近チェックした商品