あとは野となれ大和撫子

直木賞・芥川賞ダブルノミネートで最注目の新鋭が挑む超王道冒険エンタメ!

  • 著者 宮内 悠介
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2017年04月21日

直木賞・芥川賞ダブルノミネートで最注目の新鋭が挑む超王道冒険エンタメ!

かつて中央アジアに存在した海。塩の沙漠となったそこは今、アラルスタンという国だ。だが大統領が暗殺され残ったのはうら若き後宮の女子のみ。生きる場所を守るため、ナツキたちは自分たちで臨時政府を立ち上げ!?

読者モニターレビュー

逆境の中でなんとか自分たちの力を発揮しようとする。そしてその状況を打開しようとする。本当に尊敬しかない。自分だったらどうやって逃げるかを考えるか、あきらめてしまうかだと思う。一生懸命、考えている姿を見て、とにかく応援したくなった。
――May

よかったです。「盤上の夜」「ヨハネスブルグの天使たち」で好きになって、最近はちょっと難しい話を書かれている印象だったのですが、とても楽しく読ませていただきました。
――やまだ


本を読み終えた後、どうしてそうなったのかよく分かりませんが映画を観終えたような不思議な感覚になりました。人物像や場面が細やかに書かれていて、展開も面白かったからかもしれません。とにかく夢中になって読んでしまいました。
――虹の母

書籍売上ランキング

最近チェックした商品