ローウェル骨董店の事件簿

「最後の晩ごはん」シリーズで大人気の著者が描く、泣ける骨董ミステリー!

  • 著者 椹野 道流
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2016年01月23日
  • レーベル:角川文庫

「最後の晩ごはん」シリーズで大人気の著者が描く、泣ける骨董ミステリー!

第一次大戦直後のロンドン。若く優秀な検死官デリックは、かの大戦で負った左目と心の傷を封印して暮らしている。仲の良かった兄のデューイとは、彼が信念の下に従軍を拒否して以来、すっかり疎遠になってしまった。そんなローウェル兄弟を、幼なじみの童顔刑事エミールは、心配顔で見守っている。
そんな時、ロンドンで美しい女性の殺人事件が起こる。貴族令嬢でありながら、家を飛び出し、劇団所属の女優となったヴェロニカ。
彼女は小さな貝ボタンを握りしめて死んでいた。
エミールがデリックの元に、この「美し過ぎる死体」を持ち込んだことで、デリックは殺人事件の捜査に関わることに。
捜査の課程で、久しく会っていなかったデューイとも再会することになるが……。

あの頃のロンドンで繰り広げられる、スリリングで切なくて、限りなく優しい、泣ける骨董ミステリー。

書籍売上ランキング

最近チェックした商品