世界NO.1執事が教える“信頼の法則” 「信じていい人」「いけない人」の見分け方

「どうしてあの人は、あんなにも周りから信頼されているのだろう?」

  • 著者 新井 直之
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2015年12月10日

「どうしてあの人は、あんなにも周りから信頼されているのだろう?」

これまでの人生で、一度も人にだまされることなく、一人前のビジネスパーソンに成長した人はいないだろう。だまされれば、たいていは大金や信用を失うことになる。下手をすれば周囲から同類だと疑いの目で見られる。だから、できるだけ早い機会に、できれば初対面で、目の前にいる人が信用できるか、信用できないかを見分ける必要がある。
自分のボスに、信用できない人を会わせたら、たちまちにして、プロではないと評価される人たちがいる。企業トップや政治家の秘書(執事)である。彼らは信用できない人を見分けるノウハウを持っている。そこで、日本で唯一、企業として「執事業」を展開している著者にそのノウハウを聞く。

もくじ

序章 なぜ執事は信頼できる人を見抜けるのか
1章 執事が見てきた「信頼」の法則
2章 執事が知っている信頼できない人のダメ習慣
3章 執事の現場から学ぶ信頼のヒント
4章 執事が教える「信頼される人」10のルール

書籍売上ランキング

最近チェックした商品