蟹工船・党生活者

20世紀のプロレタリア文学が、21世紀のワーキングプアの文学として蘇る

  • 著者 小林 多喜二
  • 定価  391円(本体362円+税)
  • 発売日:2008年08月23日
  • レーベル:角川文庫
蟹工船・党生活者

20世紀のプロレタリア文学が、21世紀のワーキングプアの文学として蘇る

ソ連領海を侵して蟹を捕り、船内で缶詰作業も行う蟹工船では、貧困層出身の人々が過酷な労働に従事している。非人間的な扱いに耐えかね、労働者たちは立ち上がったが……解説が詳しく読みやすい新装改版!

書籍売上ランキング

最近チェックした商品