トピックス

特報! 「文芸カドカワ」2月号(2019年1月10日配信)から米澤穂信さんの新作小説を集中掲載!

著者初の時代ミステリ――これはあの人でなくとも『気になります!』!

株式会社KADOKAWAが配信する電子文芸誌「文芸カドカワ」2月号(2019年1月10日配信)では、古典部シリーズなど、青春ミステリの旗手として注目を集め続ける、米澤穂信さん初の時代ミステリ「雪夜灯籠」前篇を掲載いたします。 続きは3月号(2019年2月10日配信)以降に掲載の予定です。






配信まで3週間、待ちきれないあなたのために本作のキーワードを先出し!

1)時は戦国の世!
舞台は現代ではありません。織田信長や徳川家康が活躍する戦国時代です。明智光秀が織田信長を殺す本能寺の変が起こる4年前、1578年冬に、事件は起こります。

2)信長に対する荒木村重の裏切り!
武田信玄の息子・勝頼率いる武田軍を3年前の長篠の戦いで破った織田信長は、天下統一へ向け、中国地方の毛利氏を攻めようと軍を動かしていました。ところが、織田軍に属する武将の荒木村重が、突然、主君である信長を裏切ります。村重はなぜ裏切ったのか? これは歴史上の謎ですが、ともあれ村重は信長を裏切って有岡城に籠城するのです。

3)舞台は有岡城!
有岡城は、城だけでなく城下町まで堀と城塁で囲う惣構(そうがまえ)という造りで、長期籠城に適しています。堅城・有岡城に、知勇兼備の武将・荒木村重が立て籠もり、厳重に周囲を警戒すれば、信長軍といえど簡単には攻め落とせません。ですが、厳戒態勢の有岡城内で、容易に解けない事件が起こります。果たしてどんな事件なのでしょうか――?

「文芸カドカワ」2月号は2019年1月10日配信!
米澤穂信さん初の時代ミステリに、ご期待ください。