トピックス

最注目の新鋭による書物にまつわる冒険ファンタジー、深緑野分「この本を盗む者は」連載スタート!文芸カドカワ8月号、好評配信中!

かっこいい嘘(フィクション)と胸おどる真実(リアル)を読もう――大人のエンタテインメント小説誌!

株式会社KADOKAWAはエンタメ小説誌『文芸カドカワ』(電子書籍雑誌)2018年8月号(No.44)を配信いたしました。



今月の文カド・ニュースは……
1) その館から本が盗まれたとき、町は姿を変えていく。最注目の新鋭による、書物にまつわる冒険ファンタジー! 深緑野分「この本を盗む者は」連載スタート
※文芸情報サイト「カドブン」(https://kadobun.jp/readings/303/4657bc88)では本作の試し読みも公開中!
2)大好評青春音楽小説、赤澤竜也「まぁちんぐ!」堂々のフィナーレ!
3)第一次世界大戦下の欧州を流転する歴史ロマン小説、上田早夕里「リラと戦禍の風」第1部完結!







【今号の執筆陣】
赤川次郎/赤澤竜也/新井素子/いとうせいこう×みうらじゅん/上田早夕里/小林泰三/近藤史恵/今野 敏/小路幸也/竹清 仁×柳 広司/でんすけのかいぬし/土橋章宏/西崎 憲/深緑野分/額賀 澪/夢枕 獏

【文芸カドカワとは】
株式会社KADOKAWAが2014年12月に創刊した大人のエンタテインメント小説誌。
「BOOK☆WALKER」ほか各電子書店にて発売中です。最新号は毎月10日配信予定。
価格:450円+税(希望小売価格)
公式HP:https://bunkado.kadokawa.co.jp/ (スマホ対応)
公式ツイッター:@bun_kado

今月のオススメ連載





土橋章宏「いも殿さま」

旅芸人・団十郎の正体は江戸の隠密だった。
ご禁制の品の持ち出しを察知した薩摩の追っ手が迫るなか藤十郎は――。
甘党代官による地方改革を描いた、異色のグルメ時代エンターテインメント!






西崎 憲「ヘディングはおもに頭で」

自分にはかつて、双子の弟がいた。
半分だけの存在という意識を持って生きる松永おんだが……。
生きることには勝ちと負けしかないのだろうか。
まったく新しい、青春×フットサル小説。




小路幸也「テレビ探偵」

〈ザ・トレインズ〉の人気コント番組は、ついに社会現象に。
ボーヤを務めてきたチャコにも、次の段階に踏み出すことが求められ――。
昭和の芸能界が舞台の人情ミステリ、ついに最終幕!





いとうせいこう×みうらじゅん「見仏記 道草篇」

全国の寺社仏閣を目指し、気ままな旅に出る。
大分に向かった二人はその独自の信仰に心打たれた。
ぶらり旅を鮮やかに切り取る名シリーズ!


〈今月号のイチオシラインナップ〉
「イシイカナコが笑うなら」
額賀 澪



「みかんとひよどり 狩猟レストランにようこそ」
近藤史恵