トピックス

【関連シリーズ累計200万部目前!!!】 第4回“こどもの本”総選挙で児童文庫 第1位! 角川つばさ文庫『四つ子ぐらし』

全国14万人の小学生が参加した「今まで読んだ中で1番好きな本」を決定する「第4回“こどもの本”総選挙」で、角川つばさ文庫『四つ子ぐらし1.』が児童文庫第1位に選ばれました!




『四つ子ぐらし1. ひみつの姉妹生活、スタート!』書影

2024年2月10日に発表された「第4回“こどもの本”総選挙」で、株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、取締役 代表執行役社長 CEO:夏野剛)より刊行中の角川つばさ文庫『四つ子ぐらし1. ひみつの姉妹生活、スタート!』(作:ひのひまり 絵:佐倉おりこ)が、児童文庫第1位、総合第7位となりました。



作品紹介:

https://yomeruba.com/news/entry-15715.html

書籍情報:

https://yomeruba.com/product/tsubasabunko/yotsugo/321805000517.html

シリーズページ:

https://tsubasabunko.jp/product/yotsugo/



※「”こどもの本”総選挙」…今の小学生から最も支持されている本を選び、その結果を公表することで、子どもたちと本との出会いを提供し、読書活動の推進や出版文化の発展を図る投票企画。今回は、全国の小学生を対象に2023年5月5日(金・祝)から同年9月8日(金)まで投票が行われ、投票総数は14万人。



●目印は「児童文庫第1位!!」オビ




「第4回“こどもの本”総選挙」での受賞を受け、特別なオビで展開中!

書店店頭では、「児童文庫第1位」を目印にしてください。





●関連シリーズ累計200万部目前!! コミックスも発売中

角川つばさ文庫より刊行中の「四つ子ぐらし」シリーズは、現在16巻まで刊行中の大人気小説シリーズ。

角川コミックス・エースより、小説の挿絵を担当している佐倉おりこ氏の作画によるコミックス版『四つ子ぐらし』1~3巻も発売中(以下続刊)です。

その累計部数は、200万部目前!! 小学生はみんな知っている、大ヒット児童文庫シリーズです。





●つばさ文庫の大人気シリーズ! 最新刊・17巻は3月13日(水)発売

『四つ子ぐらし』はどんなお話?

家族も親戚もいない、ひとりぼっちの12歳・宮美三風(みやび みふ)に、ある日、生き別れになった四つ子の姉妹がいることが判明します。姉妹の名前は、一花(いちか)、二鳥(にとり)、三風(みふ)、四月(しづき)。生まれてすぐに、別々の施設に預けられ育った四人は、一軒家で、四人だけで暮らし始めることに。姉妹だけの生活で、四人は家族のあたたかさ、信頼する姉妹と過ごす日々を初めて得ることができました。しかし、四人はそれぞれ、ひとりぼっちだったころの悲しい経験や、心の傷を抱えていて…?

姉妹生活の楽しさの中に、胸を衝くドラマチックな展開をそなえた長編小説シリーズです。

2018年10月に第1巻が発売され、たちまち話題になった本シリーズの最新刊17巻『四つ子ぐらし(17) 子猫と犬がやってきた!?』は、2024年3月13日(水)発売予定。シリーズ初の短編集で、これまでに刊行された巻で描かれなかったエピソードが3話収録されます。


『四つ子ぐらし(17) 子猫と犬がやってきた!?』書影

作品について、くわしくはこちら

https://yomeruba.com/news/entry-15715.html





・書誌情報


角川つばさ文庫

『四つ子ぐらし1. ひみつの姉妹生活、スタート!』

作:ひのひまり 絵:佐倉おりこ

発売中

定価:814 円(本体740円+税)

サイズ:新書判(天地173mm×左右112mm)

ISBN:978404631840











・著者紹介

作:ひのひまり

おとめ座のO型。奈良県在住。2018年、「エスパー部へようこそ」で第6回角川つばさ文庫小説賞一般部門、史上初となる特別賞を受賞。「四つ子ぐらし」シリーズでデビュー。



絵:佐倉おりこ

やぎ座のB型。キュートでガーリーな作風で人気を博すイラストレーター。KADOKAWA児童書ポータルサイト「ヨメルバ」でコミカライズ版『四つ子ぐらし』を連載中。児童書籍、技法書など、ジャンルを問わず幅広く活躍。





・角川つばさ文庫とは

「角川つばさ文庫」は、2009年3月に創刊した子どもたちの「読みたい気持ち」を応援する児童文庫シェアNO.1※レーベルです。

KADOKAWAの持つコンテンツや読者を楽しませるノウハウを子どもたちのために駆使し、青春、冒険、ファンタジー、恋愛、学園、SF、ミステリー、ホラーなど幅広いジャンルの作品を刊行しています。レーベル名には、物語の世界を自分の「つばさ」で自由自在に飛び、自分で未来をきりひらいてほしい。

本をひらけば、いつでも、どこへでも……そんな願いが込められています。

主な作品に『ぼくらの七日間戦争』『怪盗レッド』『四つ子ぐらし』シリーズなど。



※出典:児童文庫レーベルトップシェア。公益社団法人 全国出版協会 出版科学研究所調べ(2023年3月)



・15周年フェア実施中!! スペシャルな企画を続々開催!

創刊15周年を迎える「角川つばさ文庫」では、特別記念のニュースが盛り沢山です。注目の新刊や豪華キャンペーンを予定しております。



1年ずーっと! プレゼントキャンペーン!

作家イベントへのご招待チケット、全員プレゼント、限定グッズ等、豪華なプレゼントを春・夏・秋・冬の4期で展開いたしました。2月10日現在、冬期のプレゼントを2月15日まで応募受付中。さらに、4月25日まで、ラストチャンス賞として、プレミアムスマホ壁紙を応募者全員にプレゼント!



特別マンガ「つばさ学園☆」が登場!

角川つばさ文庫作品の人気キャラクターがマンガになってコラボレーション! まだ知らない作品と出会えるチャンス!



「つばさ文庫発の単行本」を刊行!

つばさ文庫の大人気シリーズ「怪盗レッド」、「いみちぇん!」の完全新作が単行本でも登場!



●角川つばさ文庫15周年特設サイト:https://tsubasabunko.jp/special/15th_aniv.html