川のほとりで羽化するぼくら 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年08月30日
商品形態:
電子書籍

川のほとりで羽化するぼくら

  • 著者 彩瀬 まる
発売日:
2021年08月30日
商品形態:
電子書籍

息苦しい今を軽やかに越えゆく一歩を描いた、希望の物語

一年にたった一度の逢瀬。それだけを楽しみに機を織りつづける織女の浅緋は、自分たちを縛る「罪」の託宣の違和感に気づき、恋人の牛飼いに天の川を下って逃げだそうと提案する(「ながれゆく」)。他3編。

メディアミックス情報

NEWS

「川のほとりで羽化するぼくら」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 彩瀬 まるは、新作中心に読んでいる作家です。本書は、川を渡るをテーマにしたバラエティに富んだ短編集でした。オススメは、『わたれない』&『ゆれながら』です。 https://kadobun.jp/new 彩瀬 まるは、新作中心に読んでいる作家です。本書は、川を渡るをテーマにしたバラエティに富んだ短編集でした。オススメは、『わたれない』&『ゆれながら』です。 https://kadobun.jp/news/campaign/8i9byxd5ngcg.html …続きを読む
    starbro
    2021年09月11日
    208人がナイス!しています
  • どちらかの支配や、周りの偏見から自由な男女の関係性を訴える四つの寓話。自由で、誰の人生もないがしろにしない夫婦の在り方は、徐々に浸透してきているようで、まだまだ固定観念の鎖から解き放たれていないとも言 どちらかの支配や、周りの偏見から自由な男女の関係性を訴える四つの寓話。自由で、誰の人生もないがしろにしない夫婦の在り方は、徐々に浸透してきているようで、まだまだ固定観念の鎖から解き放たれていないとも言える。正しさなんてないのに、なんとなく多数派を普通の基準にしてしまう。何か嫌だな、という漠然とした居心地の悪さの正体から目をそらさず、橋のあちら側を眺めて恐れていないで、堂々と自分の人生を歩んでいいんだよ、と優しく語りかけてくれる。私たちは、どこへでも行ける。ふわりと体が軽くなる一冊。★★★★☆ …続きを読む
    もぐたん
    2021年09月05日
    84人がナイス!しています
  • 「わたれない」「ながれゆく」「ゆれながら」「ひかるほし」4話収録の短編集。それぞれ、シチュエーションは全く異なるが、全話に共通して登場するのは『川』。いつのまにか自身に植え付けられた性別による役割や、 「わたれない」「ながれゆく」「ゆれながら」「ひかるほし」4話収録の短編集。それぞれ、シチュエーションは全く異なるが、全話に共通して登場するのは『川』。いつのまにか自身に植え付けられた性別による役割や、息苦しいまでの固定観念。その理不尽な思いを掬い上げ、縛りから解放してくれるような筆致に、心が少しずつ軽くなって行く。遠いように見えて向こう岸までは、勇気を振り絞ればあっと言う間。いつもの見方、考え方を少し変えて頭をやわらかくすれば、いつだって前へ進む事は可能だ。自分を変えたい、変わりたいと思った時が決断の時。 …続きを読む
    よつば
    2021年09月11日
    71人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品