ブランド 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年07月30日
商品形態:
電子書籍

ブランド

  • 著者 吉田 修一
発売日:
2021年07月30日
商品形態:
電子書籍

広告×文学

一流ブランドには
物語がある


『悪人』『怒り』『国宝』――
数多の賞を受賞し、世界的にも注目を集める著者が、第127回芥川賞受賞から20年にわたり広告で描いてきた、単行本未収録の贅沢な作品集。
エプソン、エルメス、大塚製薬、サントリー、JCB、ティファニー、日産、パナソニック……
錚々たる企業の依頼で描いてきた小説、紀行、エッセイを収録。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ブランド」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 吉田修一ブランドの小編集。キラッと光るジュエリーのような言葉が散りばめられています。〈誕生日恒例5つの確認事項〉①たまには空を見上げているか? ②五カ国語以上の言葉で「ありがとう」と言えるか? ③映画 吉田修一ブランドの小編集。キラッと光るジュエリーのような言葉が散りばめられています。〈誕生日恒例5つの確認事項〉①たまには空を見上げているか? ②五カ国語以上の言葉で「ありがとう」と言えるか? ③映画「ダイ・ハード」を観てまだ泣けるか? ④好きな女はいるか? ⑤来年の誕生日が楽しみか? とか、いいねしたいです。それと、好きという気持ちが様々に巧みに表現されています。悪人や九州抜きでも吉田修一作品を楽しみ好きになれる自分の感情にも、いいねしたくなります。 …続きを読む
    旅するランナー
    2021年11月03日
    263人がナイス!しています
  • 吉田 修一は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。著者がブランドについて書いているのかと思いきや、エルメスやティファニー等のラグジュアリー・ブランド&大手企業の依頼で書いた短編小説&エッセイ集でし 吉田 修一は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。著者がブランドについて書いているのかと思いきや、エルメスやティファニー等のラグジュアリー・ブランド&大手企業の依頼で書いた短編小説&エッセイ集でした。オススメは、『ティファニー2012』&『THE BAR』です。しかし男同士でティファニーでエンゲージ・リングを贈りあっているゲイのカップルは観たくありません(笑) …続きを読む
    starbro
    2021年08月26日
    233人がナイス!しています
  • 企業や雑誌の依頼で書かれた小説とエッセイ集。編集者との対談で書かれていたように、「悪人」のような長編小説をメインディッシュとすれば、これは様々な前菜を集めた本でした。依頼目的が明確で、短いからこそ、吉 企業や雑誌の依頼で書かれた小説とエッセイ集。編集者との対談で書かれていたように、「悪人」のような長編小説をメインディッシュとすれば、これは様々な前菜を集めた本でした。依頼目的が明確で、短いからこそ、吉田さんのセンスと文章の上手さがキラリと光る作品集で、プロの作家の実力を見たような気がしました。特に、ティファニーにまつわる作品群は、ショートムービーを観ているような素敵な物語で、ゲイのカップルを描いた一編とそれを許したティファニーの懐の深さにも感動しました。バーを描いたエッセイもおしゃれで、面白い一冊でした。 …続きを読む
    ウッディ
    2021年11月07日
    144人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品