最後の鑑定人【電子版特典付き】 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2022年07月29日
商品形態:
電子書籍

最後の鑑定人【電子版特典付き】

  • 著者 岩井 圭也
発売日:
2022年07月29日
商品形態:
電子書籍

「科学は嘘をつかない。嘘をつくのは、いつだって人間です」

「科学は嘘をつかない。嘘をつくのは、いつだって人間です」
「最後の鑑定人」と呼ばれ、科捜研のエースとして「彼に鑑定できない証拠物なら他の誰にも鑑定できない」と言わしめた男・土門誠。ある事件をきっかけに科捜研を辞めた土門は、民間の鑑定所を開設する。無駄を嫌い、余計な話は一切しないという奇人ながら、その群を抜いた能力により持ち込まれる不可解な事件を科学の力で解決していく。孤高の鑑定人・土門誠の事件簿。
『永遠についての証明』『水よ踊れ』で業界の注目を集める新鋭が正面から挑む、サイエンス×ミステリ!

※電子版特典として、巻末に短篇「見えない引き金」が入っています。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「最後の鑑定人【電子版特典付き】」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • かつて警察の科捜研で“最後の鑑定人”と呼ばれていた土門誠を主人公にした短編集。そんな彼が警察を辞め民間の鑑定所を開いた。そこに訪れる依頼人。依頼の内容がまず変わったもので、どの物語も興味深く楽しむ事が かつて警察の科捜研で“最後の鑑定人”と呼ばれていた土門誠を主人公にした短編集。そんな彼が警察を辞め民間の鑑定所を開いた。そこに訪れる依頼人。依頼の内容がまず変わったもので、どの物語も興味深く楽しむ事ができた。ただ、この土門という人物、性格的に変わっていて一筋縄ではいかない。これが本作の魅力の一つ。いったん依頼を引き受けるとその行動は綿密で、鑑定の裏側まで見る事ができてとても面白かった。それとあまり表には出なかったが、この鑑定所で働く高倉という女性のキャラも魅力的。もっと知りたいことが多く今後に期待したい。 …続きを読む
    のぶ
    2022年08月14日
    76人がナイス!しています
  • 科捜研で“最後の鑑定人”と呼ばれた男・土門誠。「彼に鑑定できない証拠物なら、他の誰にも鑑定できない」と言われたほどの凄腕だが、ある事件をきっかけに警察を辞め、現在は民間の鑑定所を運営している。そこに持 科捜研で“最後の鑑定人”と呼ばれた男・土門誠。「彼に鑑定できない証拠物なら、他の誰にも鑑定できない」と言われたほどの凄腕だが、ある事件をきっかけに警察を辞め、現在は民間の鑑定所を運営している。そこに持ち込まれた様々な依頼を描く4作で構成された連作短篇集。んー、岩井さんにしては軽めな仕上がりで、コアなファンには物足りないかもしれないが、案外こういう作風のほうが一般受けはするのかもしれない。土門を始めキャラが立ちまくりなのでシリーズ化を熱望する。 …続きを読む
    ぽてち
    2022年08月01日
    35人がナイス!しています
  • 本を刊行するごとに異なる分野の物語を紡ぐ岩井圭也の最新刊は、外連味のない正統派ミステリ。もと科捜研で「最後の鑑定人」と呼ばれていた民間鑑定所を営む男が、持ち込まれたデータから謎の真相と事件に関与した人 本を刊行するごとに異なる分野の物語を紡ぐ岩井圭也の最新刊は、外連味のない正統派ミステリ。もと科捜研で「最後の鑑定人」と呼ばれていた民間鑑定所を営む男が、持ち込まれたデータから謎の真相と事件に関与した人間ドラマを読み解きます。鑑定人という立場のため、事件への熱い想いを抑制し、科学の力で真実を暴いていく姿に、自らの職に誇りを持つ人間性を感じました。ストーリーも明快で一般受けしやすく、部下の技官もキャラクターが確立しているので、岩井ファンとしては、読者層拡大のためにも、シリーズ化を熱望します! …続きを読む
    さーくる・けー
    2022年08月03日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品