家族不適応殺 新幹線無差別殺傷犯、小島一朗の実像

家族不適応殺 新幹線無差別殺傷犯、小島一朗の実像 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年09月29日
商品形態:
電子書籍

家族不適応殺 新幹線無差別殺傷犯、小島一朗の実像

  • 著者 インベ カヲリ★
発売日:
2021年09月29日
商品形態:
電子書籍

新幹線無差別殺傷事件。理解不能な動機、思考を浮き彫りにする驚愕のルポ!

国家に親代わりを求めた男。
法廷で無期懲役に万歳三唱をし、殺人犯なのに刑務所で生存権を主張し続ける犯人・小島一朗。
誰も踏み込まなかったその内面に、異端の写真家が迫る。全真相解明、驚愕の事件ルポ!

犯人はいったい何者なのか?
―――――
【新幹線無差別殺傷事件】
2018年6月9日、走行中の東海道新幹線の車内で男女3人が襲われ、2名が重軽傷、男性が死亡した。「刑務所に入りたい」という動機だったため、一審で無期懲役となった際に小島一朗は法廷で万歳三唱をした。控訴せず20年1月に刑が確定。小島は刑務所内で生存権を主張し続けている。
―――
2008年以降の無差別殺人事件の犯人は前科前歴なし、両親は揃っており、貧困家庭でもなく友人関係に問題もない、「普通」の者が多い。
だが、「死刑になるため」「刑務所に入るため」と彼らは犯行に及ぶ。
約3年にわたる取材で理解不能な動機、思考を浮き彫りにする驚愕のルポ!

【目次】
序章 鞘――刑務所に入る夢を叶えた男 
第一章 心――写真家が人殺しに興味を持つ理由
第二章 偏――歩み寄る難しさ
第三章 記――「むしゃくしゃしてやった、誰でもよかった」の真相
第四章 凶――餓死することを止め、生きる選択をした
第五章 会――アクリル板越しの作り笑顔
第六章 家――浮かび上がる“いい子”
第七章 迷――食い違う家族の言い分
第八章 裁――真実が語られない虚無な裁判
第九章 答――刑務所でしか手に入らないもの
第十章 辿――犯行時のシミュレーションから感じること
最終章 刑――自傷行為を通して得られる愛

あとがき
主要参考文献一覧

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「家族不適応殺 新幹線無差別殺傷犯、小島一朗の実像」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 多くの事件ルポを読んできたが、ここまで犯人と向き合ってその実像を追ったルポは稀である。著者は3年に及ぶ取材で、膨大な手紙のやりとりから始まり、複数の面会、最後は犯行時の遺留品まで譲渡されるという、あり 多くの事件ルポを読んできたが、ここまで犯人と向き合ってその実像を追ったルポは稀である。著者は3年に及ぶ取材で、膨大な手紙のやりとりから始まり、複数の面会、最後は犯行時の遺留品まで譲渡されるという、ありがた迷惑ともいえる関係まで築いている。しかしこれをもってしても「刑務所に入りたいから人を殺した」という不可解な人間性には迫れていない。掌で転がされ、煙に巻かれているようにしか見えないのだ。犯人・小島一朗にとっての刑務所とは、生存権を認められる“安穏な家族空間”なのだろうか。犯罪者心理の闇はあまりにも深く暗い。 …続きを読む
    つちのこ
    2021年11月26日
    45人がナイス!しています
  • つい先日も世間を震撼させた車内無差別殺人。こちらは新幹線。目的は「無期懲役」有期刑ならまた殺人すると言って憚らない23歳の男。判決時には万歳三唱したとか。作者と被告のやりとりで何か少しでも理解できるこ つい先日も世間を震撼させた車内無差別殺人。こちらは新幹線。目的は「無期懲役」有期刑ならまた殺人すると言って憚らない23歳の男。判決時には万歳三唱したとか。作者と被告のやりとりで何か少しでも理解できることがあるかと思ったけどナゼ?の嵐。かろうじて「無期懲役」に家庭を見ていることがわかっただけ。曰く、何をしようとも決して追い出されない、法で守られ秩序がある…など。マザーテレサとまで言われた母親も正直奇矯な印象。諸々の最終精算を何故無関係の他人を殺めることで為そうとするのか、私には理解できなかった。 …続きを読む
    marumo
    2021年11月25日
    11人がナイス!しています
  • 今まで読んだ事件ルポ、自己中心型な残虐性のあるものとはまた違う理解出来ない領域。加害者小島一朗の生立ち、家庭環境を考慮しても理屈自体は通ってしまう独特な死生観による犯罪。淡々とした独自の倫理観に苛立ち 今まで読んだ事件ルポ、自己中心型な残虐性のあるものとはまた違う理解出来ない領域。加害者小島一朗の生立ち、家庭環境を考慮しても理屈自体は通ってしまう独特な死生観による犯罪。淡々とした独自の倫理観に苛立ちを憶えつつ母親の受け応えを見る限りそこからの影響が多いように思えた。故に母親への嫌悪感が私の中では少なからず。警察や裁判所でも言われた通り自死すれば良かったのに(言ってはいけないけどそれしか浮かばん)餓死への計画性、餓死から復帰時の栄養計画など綿密でげんなり。全て理解不能。各章扉写真がまたキツい。 …続きを読む
    ga
    2022年01月12日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品