ひきなみ 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年04月30日
商品形態:
電子書籍

ひきなみ

  • 著者 千早 茜
発売日:
2021年04月30日
商品形態:
電子書籍

私たちずっと一緒だと思っていたのに。彼女は脱獄犯の男と、島から消えた。

小学校最後の年を過ごした島で、葉は真以に出会った。からかいから救ってくれたことを機に真以に心を寄せる葉だったが、ある日真以は島に逃げ込んだ受刑者の男と一緒に島から逃げ出し、姿を消してしまう。裏切られたと感じた葉は母に連れられ東京へ戻るが、大人になって会社で日々受けるハラスメントに身も心も限界を迎える中、ある陶芸工房のHPで再び真以を見つける。たまらず会いに行った葉は、真以があの事件で深く傷ついていることを知り――。女であることに縛られ傷つきながら、女になりゆく体を抱えた2人の少女。大人になった彼女たちが選んだ道とは。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ひきなみ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • いつもの洗練された千早作品とは趣が異なると思いきや、重いテーマを扱っていた。閉鎖的な島での子供時代を余儀なくされた主人公は、心の拠り所というべき同世代の少女と出会う。大人になり、都会へ出てぶつかる壁に いつもの洗練された千早作品とは趣が異なると思いきや、重いテーマを扱っていた。閉鎖的な島での子供時代を余儀なくされた主人公は、心の拠り所というべき同世代の少女と出会う。大人になり、都会へ出てぶつかる壁にも、あの島で感じた違和感と同じ感覚を覚える。昔と今。田舎と都会。女性の感じる「なんで?」は変わっただろうか。ジェンダーの視点で進む物語に、共感もするし、何故こんなにも日本は…という疑問も浮かぶが、多数派がその時代の主流なら、声が大きい人の勝ちなのかな、という諦めとも楽観ともいえない感情を抱く。★★★★☆ …続きを読む
    もぐたん
    2021年05月03日
    63人がナイス!しています
  • 閉鎖的で偏見に満ちた“島”は至る所に存在する。生きづらさが伝わってきたし、笑ってやり過ごす葉(よう)の生き方は読んでいて歯がゆく、もどかしかった。 前半の、閉鎖的な島の人たちにウンザリしたが、それ以上 閉鎖的で偏見に満ちた“島”は至る所に存在する。生きづらさが伝わってきたし、笑ってやり過ごす葉(よう)の生き方は読んでいて歯がゆく、もどかしかった。 前半の、閉鎖的な島の人たちにウンザリしたが、それ以上に酷いのが葉(よう)の会社の部署の梶原部長。 きっといるよ、こういう人間。許せない。 葉と真以は再会できたけど、この先、葉はどうなる、どうするのか? …続きを読む
    kei302
    2021年04月30日
    57人がナイス!しています
  • 確かに大好きな千早ワールドなんだけど、今までの作品とは、ひと味違う。タイトルも表紙もこれまでになく平凡。それでもこの物語は、私の心を掴んで離さなかった。海に生きる幼少時代、陸に生きる大人になった二人の 確かに大好きな千早ワールドなんだけど、今までの作品とは、ひと味違う。タイトルも表紙もこれまでになく平凡。それでもこの物語は、私の心を掴んで離さなかった。海に生きる幼少時代、陸に生きる大人になった二人の物語。どちらも重く胸を押さえつけられる。日本がいつまで経ってもジェンダー後進国であることの現実に改めて気付かされた。島国日本はこれからも変わらないのか。そう、千早茜さんに問われてる気がする。#ひきなみ #NetGalleyJP …続きを読む
    ヒデミン@もも
    2021年04月28日
    54人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品