火喰鳥を、喰う 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年12月11日
商品形態:
電子書籍

火喰鳥を、喰う

  • 著者 原 浩
発売日:
2020年12月11日
商品形態:
電子書籍

全ては「死者の日記」から始まった。これは“怪異”か、或いは“事件”か。

選考委員、激賞! 令和初の大賞受賞作!
「恐怖と謎がしっかりと絡んでいる。ミステリ&ホラー大賞にふさわしい」――有栖川有栖氏
「謎への引きこみ方が見事。読了後は心地よい酩酊感に襲われました」――辻村深月氏

信州で暮らす久喜雄司に起きた二つの出来事。ひとつは久喜家代々の墓石が、何者かによって破壊されたこと。もうひとつは、死者の日記が届いたことだった。久喜家に届けられた日記は、太平洋戦争末期に戦死した雄司の大伯父・久喜貞市の遺品で、そこには異様なほどの生への執着が記されていた。そして日記が届いた日を境に、久喜家の周辺では不可解な出来事が起こり始める。貞市と共に従軍し戦後復員した藤村の家の消失、日記を発見した新聞記者の狂乱、雄司の祖父・保の失踪。さらに日記には、誰も書いた覚えのない文章が出現していた。「ヒクイドリヲクウ ビミナリ」雄司は妻の夕里子とともに超常現象に造詣のある北斗総一郎に頼ることにするが……。ミステリ&ホラーが見事に融合した新鋭、衝撃のデビュー作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「火喰鳥を、喰う」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「お前の死は私の生なんだ」なんてこと…残酷な言葉だ。私はいったい何処へ?気になって先を急ぐ。すれ違い歪む時空。どちらが本当の世界?多分どちらも真実で、どちらもここには無いのだろう。何となくモヤモヤが残 「お前の死は私の生なんだ」なんてこと…残酷な言葉だ。私はいったい何処へ?気になって先を急ぐ。すれ違い歪む時空。どちらが本当の世界?多分どちらも真実で、どちらもここには無いのだろう。何となくモヤモヤが残るが再読の気力は無い(泣)火喰鳥が夢に出そうだ。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2020年12月28日
    175人がナイス!しています
  • 第40回横溝正史ミステリ&ホラー大賞受賞作。 墓石が何者かによって破損させられた事。 70年前戦死した大叔父が戦地に遺した日記が届くという事。 2つの出来事がどうなっていくのか?わからない状態で読み進 第40回横溝正史ミステリ&ホラー大賞受賞作。 墓石が何者かによって破損させられた事。 70年前戦死した大叔父が戦地に遺した日記が届くという事。 2つの出来事がどうなっていくのか?わからない状態で読み進める。 北斗が登場して、さらに謎は深まる。 物に触れると、人間の悪意や、悲しみや、怒りや、強烈な思念ばかり頭に流れ込んでくる。頭が割れそう。外に出るのが恐ろしかった。そういう能力を妻の夕里子と、妻の元カレの北斗が持っている。 パラレルワールド? ラストは急展開でびっくりした。#ニコカド2020 …続きを読む
    美紀ちゃん
    2021年01月10日
    75人がナイス!しています
  • 辻村深月先生の「謎への引きこみ方が見事。読了後は心地よい酩酊感に襲われました」という選評に惹かれて…。太平洋戦争で戦死した大叔父の日記が見つかったことで不可解な出来事が起き始めるホラーミステリー。異様 辻村深月先生の「謎への引きこみ方が見事。読了後は心地よい酩酊感に襲われました」という選評に惹かれて…。太平洋戦争で戦死した大叔父の日記が見つかったことで不可解な出来事が起き始めるホラーミステリー。異様で不穏な空気が終始漂う世界観に引き込まれた。ホラー小説ならではの読んでいてゾワゾワする気持ち悪さを覚える。ミステリーとしても秀逸で、もう一つの不気味な現実に侵食されていく恐ろしさが文章でしっかり伝わってくる。ラストは予想外だったなぁ…辻村さんの言う酩酊感とはコレか。 …続きを読む
    ryodo
    2021年01月22日
    50人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品