奇跡の村 木頭と柚子と命の物語

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年11月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
308
ISBN:
9784048843768

奇跡の村 木頭と柚子と命の物語

  • 著者 麻井 みよこ
  • 監修 臼木 弘
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年11月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
308
ISBN:
9784048843768

四国の美しい自然を舞台に地方寒村の危機的未来を塗り変える感動の物語。

昭和35年、徳島県の山深き寒村・木頭に赴任した一人の青年農業技師が、村人の暮らしを守るために驚愕の挑戦に着手した。植えっぱなしで見捨てられた杉の密植林を開墾し、柚子の栽培を始めたのである。桃栗三年、柿八年、柚子の大馬鹿十八年と言われるほど困難な事業であった。誰もが白眼視するなか、青年たちは粘り強い説得で少しずつ仲間を増やし、一筋の希望を見事な黄金色の「木頭柚子」というブランドに結実させる。
しかし、一度は明るい未来に手をかけたはずの村人たちを、ダム建設という過酷な現実が容赦なく呑み込んでゆく。そして、村を分断する激しい対立の果てには、予想もしなかった悲劇が待ち受けていた。
過疎高齢化、産業崩壊、自然破壊……四国の美しい自然を舞台に、地方社会の危機的未来を塗り変えようとする人々の営みを描く感動の実話小説。

山奥は“過疎”ではなく“適疎”。
時代の評価軸が回るとき、逆転の扉が開く。
藻谷浩介(地域エコノミスト)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「奇跡の村 木頭と柚子と命の物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ノンフィクションはあまり読まないのだが、「3週間で重版が決定」と知り、興味が沸いた。読んでみたら、一気読みだった。前半、臼木さんの柚子栽培の苦労も大変なものだったが、後半、中心になった藤田さんの苦労は ノンフィクションはあまり読まないのだが、「3週間で重版が決定」と知り、興味が沸いた。読んでみたら、一気読みだった。前半、臼木さんの柚子栽培の苦労も大変なものだったが、後半、中心になった藤田さんの苦労は臼木さんを遥かに上回るものだった。辛い生い立ちをも糧にし、自分よりも周りの人の幸せを願って行動してきた彼がまたあれほどの辛い思いをしなくてはならないとは……。 最後の最後に、思いがけない人物の名前が出てきて、心底驚いた。藤田さんの思いは、この人に受け継がれていたのかと胸が熱くなった。#NetGalleyJP …続きを読む
    anne@灯れ松明の火
    2020年12月06日
    36人がナイス!しています
  • 読友さんのレビューから。舞台は山深い徳島県木頭村。戦後林業以外の産業振興を目指しそれまで国内に大規模栽培の実績のなかった柚子栽培に取り組んだ物語。成功を収め柚子栽培は県外にも広がったものの、ダム建設計 読友さんのレビューから。舞台は山深い徳島県木頭村。戦後林業以外の産業振興を目指しそれまで国内に大規模栽培の実績のなかった柚子栽培に取り組んだ物語。成功を収め柚子栽培は県外にも広がったものの、ダム建設計画に関連して村全体が混乱する中で隣県の後続組に追い抜かれ多くの得たものを失う。そして現代、どん底からの再始動。子供の頃に高ノ瀬峡に紅葉を見に行ったことがあるのですが木頭はまさに深山幽谷の里。山間の小村が経験したプロジェクトXでの成功と挫折には多くの学ぶべき示唆がありました。 …続きを読む
    TATA
    2021年01月01日
    32人がナイス!しています
  • 着眼点と行動力。その根底は何なのか。 柚子栽培を通して、村の人たちとの対立。それらがだんだんと、まさに実を結んでいく様は、柚子の香りにも似て爽やかでもあり、熱意と愛情とが両輪を成し進んでいく爽快さに溢 着眼点と行動力。その根底は何なのか。 柚子栽培を通して、村の人たちとの対立。それらがだんだんと、まさに実を結んでいく様は、柚子の香りにも似て爽やかでもあり、熱意と愛情とが両輪を成し進んでいく爽快さに溢れている。一転ダム建設をめぐる人々の対立と、それを軸として次々と降りかかる事象は、人々の気持ちの根底を、まさにダムの反対側の水一滴もない場所の砂利が露呈しているかのように露わにしていく。 疲弊し尽くす藤田氏の選択。木頭村という存在を通して、昭和から現在まで駆け抜けながら、私たちに重い問いを投げかけてくる良書 …続きを読む
    リラコ
    2020年12月16日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品