六人の嘘つきな大学生 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年03月02日
商品形態:
電子書籍

六人の嘘つきな大学生

  • 著者 浅倉 秋成
発売日:
2021年03月02日
商品形態:
電子書籍

嘘つき学生と、嘘つき企業の、意味のない情報交換--それが就活。

成長著しいIT企業「スピラリンクス」の最終選考。最終に残った六人が内定に相応しい者を議論する中、六通の封筒が発見される。そこには六人それぞれの「罪」が告発されていた。犯人は誰か、究極の心理戦スタート。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「六人の嘘つきな大学生」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読み友さんのレビューと、岩井圭也氏絶賛に惹かれて。読んでいるというより巻き込まれて翻弄されている感じで、しんどかった。人には多面性があって当然で、相手が自分に見せる顔は、こちらに対する感情が混じってい 読み友さんのレビューと、岩井圭也氏絶賛に惹かれて。読んでいるというより巻き込まれて翻弄されている感じで、しんどかった。人には多面性があって当然で、相手が自分に見せる顔は、こちらに対する感情が混じっているものだし、それが善でも悪でもその人の全てではないはず。そしてここは就活の場。自分を売り込む為には、頑張ってでもいい顔を見せたい場。なのにそこで見せたくない裏の顔を晒されたら…?その裏の顔を見せた場での真実もなく、ただ悪意だけで晒されたら…?誰がした?何故した?何がフェア?…すごいのよ。ぜひ読んで欲しいのよ。 …続きを読む
    みどり虫
    2021年04月01日
    149人がナイス!しています
  • 就活という独特な空気感の舞台で繰り広げられる心理ミステリであり、人が見せる不確かな一面を浮かび上がらせる人間ドラマの要素もあった。露悪的な演出が過ぎる気もしたが、それだけ著者の思いが込められていたと感 就活という独特な空気感の舞台で繰り広げられる心理ミステリであり、人が見せる不確かな一面を浮かび上がらせる人間ドラマの要素もあった。露悪的な演出が過ぎる気もしたが、それだけ著者の思いが込められていたと感じた。最終試験で6人の関係は一変する。まるでオセロのように白から黒へ。誰が黒幕か。ただ、読み進めるうちに単なる犯人あてに留まらないことに気付く。叙述トリックが示すのは一部の情報で人を決めつける危うさ、他の面を想像する力の欠如。その歪みは就活だけではなく広く社会にも。人はオセロの色のように単純ではないのだなと。 …続きを読む
    buchipanda3
    2021年03月31日
    117人がナイス!しています
  • まるで着地を見せないアンビリーバブルなストーリーは、時間を忘れて読み耽るほどの面白さだった。就活そのものの薄気味悪さを前面に出しながら、一体人は何を以て他者を評価するのかという曖昧模糊とした現実を、実 まるで着地を見せないアンビリーバブルなストーリーは、時間を忘れて読み耽るほどの面白さだった。就活そのものの薄気味悪さを前面に出しながら、一体人は何を以て他者を評価するのかという曖昧模糊とした現実を、実に辛辣に生々しく描ききっている。事件当時と8年後をランダムに織り混ぜ、ミステリ的サプライズの仕込みから景色を反転させ続ける、その手腕は実に鮮やか且つ見事。「伏線の狙撃者」の異名に偽り無しの目を見張るような回収ぶりに、思わず感嘆の声が漏れたほどだ。就活を描いた印象深い作品に朝井リョウ氏の「何者」がある。→(続) …続きを読む
    🐾Yoko Omoto🐾
    2021年03月18日
    115人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品