昨日星を探した言い訳【電子特典付き】

昨日星を探した言い訳【電子特典付き】 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年08月24日
商品形態:
電子書籍

昨日星を探した言い訳【電子特典付き】

  • 著者 河野 裕
発売日:
2020年08月24日
商品形態:
電子書籍

総理大臣になりたい少女とすべてに潔癖でありたい少年の純愛共同戦線!

自分の声質へのコンプレックスから寡黙になった坂口孝文は、全寮制の中高一貫校・制道院学園に進学した。中等部2年への進級の際、生まれつき緑色の目を持ち、映画監督の清寺時生を養父にもつ茅森良子が転入してくる。目の色による差別が、表向きにはなくなったこの国で、茅森は総理大臣になり真の平等な社会を創ることを目標にしていた。第一歩として、政財界に人材を輩出する名門・制道院で、生徒会長になることを目指す茅森と坂口は同じ図書委員になる。二人は一日かけて三十キロを歩く学校の伝統行事〈拝望会〉の改革と、坂口が運営する秘密地下組織〈清掃員〉の活動を通じて協力関係を深め、互いに惹かれ合っていく。拝望会当日、坂口は茅森から秘密を打ち明けられる。茅森が制道院に転入して図書委員になったのは、昔一度だけ目にした、養父・清寺時生の幻の脚本「イルカの唄」を探すためだった――。   

※電子書籍版特典として、ショートストーリー「ふたりが二四歳だった頃」を収録しています。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「昨日星を探した言い訳【電子特典付き】」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 全寮制中高一貫校・制道院学園に進学した坂口孝文。中等部2年進級の際、映画監督の清寺時生を養父にもつ茅森良子が転入してきて、坂口と運命の出会いを果たす青春小説。生徒会長を目指す真っ直ぐだけれど脇の甘い茅 全寮制中高一貫校・制道院学園に進学した坂口孝文。中等部2年進級の際、映画監督の清寺時生を養父にもつ茅森良子が転入してきて、坂口と運命の出会いを果たす青春小説。生徒会長を目指す真っ直ぐだけれど脇の甘い茅森を、影から支える坂口の密かな共犯関係。二人だけでたくさんの想いを語り合い、揺るぎない信頼と甘酸っぱい関係を積み上げてきたからこそ、思ってもみなかった急展開には驚かされましたけど、どこまでも頑固者で不器用で揺るぎない二人が、意外な転機と巡り合わせの末に迎えた結末には、苦笑いしつつもぐっと来るものがありました。 …続きを読む
    よっち
    2020年08月24日
    34人がナイス!しています
  • 真剣に本を読むときはいつだって少し息苦しい。新しい世界に触れるときはなおさら辛い。けれど、苦しければ苦しいほど記憶にも心にも残る。忘れられず、何度も読み返すであろう物語に出会えたことを、幸福に思う。対 真剣に本を読むときはいつだって少し息苦しい。新しい世界に触れるときはなおさら辛い。けれど、苦しければ苦しいほど記憶にも心にも残る。忘れられず、何度も読み返すであろう物語に出会えたことを、幸福に思う。対等な二人が、少年の愛情と少女のまっすぐさのせいですれ違う姿は切なくも愛おしかった。いくつもの謎が詩的に散りばめられていて、登場人物と前後して理解に至る感覚がもどかしくも心地よい。茅森と坂口にとって、この物語がすべて過去となる明日が早くやってきますように、と祈っている。青春小説の新たな金字塔になり得る一冊。 …続きを読む
    りこ
    2020年08月25日
    17人がナイス!しています
  • ★★★★4.2点。とんでもなく不器用な二人のラブストーリー、まさに河野裕さんらしさ全開の一冊でした。 ★★★★4.2点。とんでもなく不器用な二人のラブストーリー、まさに河野裕さんらしさ全開の一冊でした。
    ガットウ
    2020年09月17日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品