テスカトリポカ

第165回 直木賞 受賞作
第34回 山本周五郎賞 受賞作

テスカトリポカ 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

カドフェス2021
カドフェス2021
発売日:
2021年02月19日
商品形態:
電子書籍

第165回 直木賞 受賞作
第34回 山本周五郎賞 受賞作

テスカトリポカ

  • 著者 佐藤 究
発売日:
2021年02月19日
商品形態:
電子書籍

鬼才・佐藤究が放つ、クライムノベルの新究極、世界文学の新次元!

メキシコのカルテルに君臨した麻薬密売人のバルミロ・カサソラは、対立組織との抗争の果てにメキシコから逃走し、潜伏先のジャカルタで日本人の臓器ブローカーと出会った。二人は新たな臓器ビジネスを実現させるため日本へと向かう。川崎に生まれ育った天涯孤独の少年・土方コシモはバルミロと出会い、その才能を見出され、知らぬ間に彼らの犯罪に巻きこまれていく――。海を越えて交錯する運命の背後に、滅亡した王国〈アステカ〉の恐るべき神の影がちらつく。人間は暴力から逃れられるのか。心臓密売人の恐怖がやってくる。誰も見たことのない、圧倒的な悪夢と祝祭が、幕を開ける。

著者究極到達点!







  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「テスカトリポカ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 佐藤 究、3作目です。本書は、圧倒的な暴力ノワールをアステカの神々が誘うクライム・ノベル、読み応えがありました。アステカの古代神が現代に蘇り、現人神コシモ降臨ということでしょうか?続編を希望します。 佐藤 究、3作目です。本書は、圧倒的な暴力ノワールをアステカの神々が誘うクライム・ノベル、読み応えがありました。アステカの古代神が現代に蘇り、現人神コシモ降臨ということでしょうか?続編を希望します。 https://www.kadokawa.co.jp/topics/5433 …続きを読む
    starbro
    2021年03月15日
    283人がナイス!しています
  • 映像で観るのは真っ平御免!の凄まじい暴力。人間の身体がただの部品、モノのように扱われている。でも、ただの一度も読むのを止めよう、とは思わなかった。まっさらな幼い心に繰り返し言い聞かせ、刻み付け、その他 映像で観るのは真っ平御免!の凄まじい暴力。人間の身体がただの部品、モノのように扱われている。でも、ただの一度も読むのを止めよう、とは思わなかった。まっさらな幼い心に繰り返し言い聞かせ、刻み付け、その他に考えが及ばないようにする事は正しいことなのか、恐ろしいことなのか。その是非はあくまでも相対的なものなのか。無慈悲でグロテスクなアステカの神々を現代に甦らせながら、真っ正面から正義と悪について問いかけた作者の筆力と胆力には感嘆するのみだ。ラスト、「父と子」(と信じているが)の行く末に幸いあれ、と祈るしかない。 …続きを読む
    みっちゃん
    2021年07月16日
    184人がナイス!しています
  • スケールの大きなエンタメで、内容も充実していた。扱われていたテーマは、麻薬と臓器の密輸。川崎に生まれ育った土方コシモは、天涯孤独の生活を送っていた。一方でメキシコのカルテルに君臨した麻薬密売人のバルミ スケールの大きなエンタメで、内容も充実していた。扱われていたテーマは、麻薬と臓器の密輸。川崎に生まれ育った土方コシモは、天涯孤独の生活を送っていた。一方でメキシコのカルテルに君臨した麻薬密売人のバルミロ・カサソラは、抗争の果てにメキシコから逃走し、潜伏先のジャカルタで日本人の臓器ブローカーと出会う。その頃、土方コシモとバルミロは日本で出会い、彼らの犯罪に巻きこまれていく。ドン・ウィンズロウのような香りのする作品だが、日本でこれだけの物語を造り得た事は凄いと思う。冒険小説の好きな人にはぜひお薦めしたい一冊。 …続きを読む
    のぶ
    2021年03月09日
    162人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品