谷根千ミステリ散歩 中途半端な逆さま問題

谷根千ミステリ散歩 中途半端な逆さま問題 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
発売日:
2020年10月17日
商品形態:
電子書籍
ニコカド祭り2020

谷根千ミステリ散歩 中途半端な逆さま問題

  • 著者 東川 篤哉
発売日:
2020年10月17日
商品形態:
電子書籍

ゆるすぎる名探偵&迷推理女子による、猫とユーモアたっぷりの本格ミステリ

下町情緒あふれる東京の谷根千(谷中・根津・千駄木) の路地裏にある、隠れ家的雑貨屋「怪運堂」。明るさだけが取り柄の女子大生・岩篠つみれは、ミステリアスな店主・竹田津優介の秘められた探偵の素質に気付く。部屋中の物が逆さまになった謎などの怪事件を持ち込むと、竹田津は猫をかまったり寄り道ばかりしながらも、鮮やかに真相を解き明かしていく――
謎解きと下町散歩はよく似合う。猫&ユーモアたっぷりの本格ミステリ!

メディアミックス情報

NEWS

「谷根千ミステリ散歩 中途半端な逆さま問題」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 最近この作家が溝の口や平塚、西荻窪など地元感のあるローカル・ミステリで売ってるのは知っていたが、谷根千という以前住んでいた地域が出たのでとうとう手を伸ばしてしまった。短編本格ミステリとしてはどこか量産 最近この作家が溝の口や平塚、西荻窪など地元感のあるローカル・ミステリで売ってるのは知っていたが、谷根千という以前住んでいた地域が出たのでとうとう手を伸ばしてしまった。短編本格ミステリとしてはどこか量産的な印象が拭えず、捨てるほどではないがそれ以上磨いたところで然して光るほどでもない短編向きの小ネタばかりといった感じ。日常ものの謎が多いし。それでもアイデアの種類は本格派パズラー的なので悪くはないか。一方でユーモアの質は昔より落ちてる気が……知っている地域だから読めたけど、そうじゃないと個人的にはきついかも。 …続きを読む
    UPMR
    2020年10月18日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品