谷根千ミステリ散歩 中途半端な逆さま問題

谷根千ミステリ散歩 中途半端な逆さま問題 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
発売日:
2020年10月17日
商品形態:
電子書籍
ニコカド祭り2020

谷根千ミステリ散歩 中途半端な逆さま問題

  • 著者 東川 篤哉
発売日:
2020年10月17日
商品形態:
電子書籍

ゆるすぎる名探偵&迷推理女子による、猫とユーモアたっぷりの本格ミステリ

下町情緒あふれる東京の谷根千(谷中・根津・千駄木) の路地裏にある、隠れ家的雑貨屋「怪運堂」。明るさだけが取り柄の女子大生・岩篠つみれは、ミステリアスな店主・竹田津優介の秘められた探偵の素質に気付く。部屋中の物が逆さまになった謎などの怪事件を持ち込むと、竹田津は猫をかまったり寄り道ばかりしながらも、鮮やかに真相を解き明かしていく――
謎解きと下町散歩はよく似合う。猫&ユーモアたっぷりの本格ミステリ!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「谷根千ミステリ散歩 中途半端な逆さま問題」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 東京の下町情緒のある谷根千(谷中・根津・千駄木)にある居酒屋「鰯の吾郎」の看板娘、岩篠つみれと、胡散臭い雑貨屋店主・竹田津優介。不本意ながら二人で界隈で起きる事件の謎を解く。相変わらずの緩い作品。既視 東京の下町情緒のある谷根千(谷中・根津・千駄木)にある居酒屋「鰯の吾郎」の看板娘、岩篠つみれと、胡散臭い雑貨屋店主・竹田津優介。不本意ながら二人で界隈で起きる事件の謎を解く。相変わらずの緩い作品。既視感のある内容。東川さんの作品は暫くいいかな…と思いながら新作が出ると読んでしまう。初期のころのような楽しさを期待しているのだけれど…。 …続きを読む
    さっこ
    2020年11月22日
    66人がナイス!しています
  • 烏賊川市、恋ヶ窪に続く?アド街ミステリーの舞台は谷根千。主人公は鰯のつみれ(岩篠)、名前通りコミカル要素満載。探偵役は装丁から想像出来ない謎の怪運グッズ店主・竹田津。4篇の連作短編でコージーと思いきや 烏賊川市、恋ヶ窪に続く?アド街ミステリーの舞台は谷根千。主人公は鰯のつみれ(岩篠)、名前通りコミカル要素満載。探偵役は装丁から想像出来ない謎の怪運グッズ店主・竹田津。4篇の連作短編でコージーと思いきや殺人事件も在り、と変化を付けて来るが謎解きはシンプルで物足りなく、犯人が判り易い。ただ、3作目のトリックは全て読んだ後、想像すると非常におぞましい。一番の興味は竹田津とつみれの兄・なめ郎の本当の関係性で多分、続編が在りそう。#ニコカド2020 …続きを読む
    マルコ(Marco)
    2020年10月29日
    30人がナイス!しています
  • 谷根千を舞台にした4話収録の連作ミステリ短編集。鰯専門の居酒屋の娘で女子大生の岩篠つみれと、つみれの兄の友人?で怪し気な開運雑貨店を営む竹田津優介がコンビになり、谷根千界隈で発生した不可解な事件の謎を 谷根千を舞台にした4話収録の連作ミステリ短編集。鰯専門の居酒屋の娘で女子大生の岩篠つみれと、つみれの兄の友人?で怪し気な開運雑貨店を営む竹田津優介がコンビになり、谷根千界隈で発生した不可解な事件の謎を解く。序盤からコメディ要素が満載で時々吹き出しそうになりながらの読書だった。つみれの兄のなめ郎や斎藤巡査など毎回登場するサブキャラも中々の濃さでなくてはならない存在だ。ついユーモア部分が強烈で惹かれてしまうが、本格ミステリとしても面白く読了した。 …続きを読む
    糸巻
    2020年11月01日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品