カインの傲慢 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年05月29日
商品形態:
電子書籍

カインの傲慢

  • 著者 中山 七里
発売日:
2020年05月29日
商品形態:
電子書籍

刑事・犬養隼人シリーズ最新作! 臓器売買の闇に迫る社会派医療ミステリ。

雑木林に埋められた少年の遺体からは、臓器が奪われていた。司法解剖と調査により、遺体は中国の貧困層の子供だと分かり――。孤高の刑事・犬養と相棒の高千穂明日香が、中国で急増する臓器売買の闇にメスを入れる!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「カインの傲慢」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 中山 七里は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。中山七里デビュー10周年、12ヶ月連続刊行企画第5弾(現状4/12)は「刑事犬養隼人」シリーズ第5弾(既読3/5)でした。臓器売買の闇に迫る社会派 中山 七里は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。中山七里デビュー10周年、12ヶ月連続刊行企画第5弾(現状4/12)は「刑事犬養隼人」シリーズ第5弾(既読3/5)でした。臓器売買の闇に迫る社会派医療ミステリですが、少しキレが鈍いような感じがしました。しかしクローンも造れて、iPS細胞等の技術もあるのに、未だ臓器を造れないのは、どうしてでしょうか?それであれば、倫理的な問題はあるものの、臓器移植大国中国を真似るのも一つの手ではないでしょうか。 …続きを読む
    starbro
    2020年06月23日
    231人がナイス!しています
  • 貧困・・窮すれば私の売るものは臓器しかないのかーいや、高齢故にそれもだめか。我が子の為なら違法でも買いたいと思うのか・・殺人事件の背景は臓器売買だが、そこにこの国の抱えている諸々(悲しい程の諸々)が露 貧困・・窮すれば私の売るものは臓器しかないのかーいや、高齢故にそれもだめか。我が子の為なら違法でも買いたいと思うのか・・殺人事件の背景は臓器売買だが、そこにこの国の抱えている諸々(悲しい程の諸々)が露呈される。私ならどうしたろう?売るかもしれない?明確な答がないのが悔しい。もう、モヤモヤとどんより気分が一気に転じたラストにビックリ!あなただったかぁ。それにしてもこのテーマは難しい。人は必ず死ぬのだ。犬養刑事の苦悩は続くなぁ。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2020年06月15日
    189人がナイス!しています
  • 12ヶ月連続刊行企画第5弾は刑事・犬養隼人シリーズの最新作。子供が犠牲になる物語はただでさえ気持ちが滅入るが、 その理由が貧困から来る物だとあれば尚の事。臓器を抜き取られた死体が相次いで発見される。被 12ヶ月連続刊行企画第5弾は刑事・犬養隼人シリーズの最新作。子供が犠牲になる物語はただでさえ気持ちが滅入るが、 その理由が貧困から来る物だとあれば尚の事。臓器を抜き取られた死体が相次いで発見される。被害者たちは皆、貧しい家庭で育った少年達。犯人を追う犬養と高千穂明日香の二人に感情移入しながら読み進める。終盤で明かされた犯人に憤りを覚えているとラストで再び衝撃を受ける。しかし例え身内の為だろうが金に物を言わせ臓器を奪うなんて絶対悪だ。貧しさ故の臓器売買などが行われないように、迅速な貧困対策の重要性を感じた。 …続きを読む
    四つ葉🍀
    2020年06月26日
    112人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品