この本を盗む者は【電子特典付き】 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年10月08日
商品形態:
電子書籍

この本を盗む者は【電子特典付き】

  • 著者 深緑 野分
発売日:
2020年10月08日
商品形態:
電子書籍

森見登美彦氏、推薦。本の魔力と魅力を詰め込んだ、空想の宝箱!

「ああ、読まなければよかった! これだから本は嫌いなのに!」
書物の蒐集家を曾祖父に持つ高校生の深冬。父は巨大な書庫「御倉館」の管理人を務めるが、深冬は本が好きではない。ある日、御倉館から蔵書が盗まれ、父の代わりに館を訪れていた深冬は残されたメッセージを目にする。
“この本を盗む者は、魔術的現実主義の旗に追われる”
本の呪いが発動し、街は侵食されるように物語の世界に姿を変えていく。泥棒を捕まえない限り世界が元に戻らないと知った深冬は、探偵が銃を手に陰謀に挑む話や、銀色の巨大な獣を巡る話など、様々な本の世界を冒険していく。やがて彼女自身にも変化が訪れて――。

「呪われて、読む。そして書く――私たちは!」
森見登美彦氏 推薦!

※電子書籍版には特典として、カバーイラストコンペ応募作品のイラストギャラリーを収録しています。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「この本を盗む者は【電子特典付き】」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • タイトルに心惹かれて読んではみたが…最後までこの物語世界に入り込めず、のりきれず…何とか頑張って頁を捲った感じに終わってしまった…私はこういう物語にわくわくするには年を取りすぎている、ということなのだ タイトルに心惹かれて読んではみたが…最後までこの物語世界に入り込めず、のりきれず…何とか頑張って頁を捲った感じに終わってしまった…私はこういう物語にわくわくするには年を取りすぎている、ということなのだろうか… …続きを読む
    みっちゃん
    2020年12月12日
    163人がナイス!しています
  • 読長町の御倉館から始まるファンタジーミステリー。泥棒が本を盗み御倉館から一歩外に出る。と呪いが発動する。泥棒は物語の檻に閉じ込められる。それを探し出して捕まえるのが深冬の役目。全部で五話あり正直一話、 読長町の御倉館から始まるファンタジーミステリー。泥棒が本を盗み御倉館から一歩外に出る。と呪いが発動する。泥棒は物語の檻に閉じ込められる。それを探し出して捕まえるのが深冬の役目。全部で五話あり正直一話、二話あたりは全く画が浮かばず読み進めるのに苦労したけど三話あたりから御倉館の過去も分かりはじめ面白くなってきた。最後まで読んで作者の本への深い愛情が感じられた。アニメとかで見たら凄く面白そう。 …続きを読む
    machi☺︎︎゛
    2020年12月09日
    158人がナイス!しています
  • 本をテーマにしたファンタジーだった。このジャンルは、過去にカルロス・ルイス・サフォンの「風の影」があったが、もちろん内容も全く違い、本作の出来はそれには及ばないものの、本書の作品世界も不思議なものを含 本をテーマにしたファンタジーだった。このジャンルは、過去にカルロス・ルイス・サフォンの「風の影」があったが、もちろん内容も全く違い、本作の出来はそれには及ばないものの、本書の作品世界も不思議なものを含んでいて、楽しいものだった。書物の蒐集家を曾祖父に持ち、父は巨大な書庫「御倉館」の管理人を務めるが、その娘、高校生の主人公、深冬だが、本人は本が好きではない。そんな深冬が御倉館から蔵書が盗まれる事件を機に様々な世界巻き込まれていく。ストーリーとして分かり難い部分もあったが、本好きの世界に浸れる特異な一冊。 …続きを読む
    のぶ
    2020年11月18日
    144人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品