出航 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年10月31日
商品形態:
電子書籍

出航

  • 著者 北見 崇史
発売日:
2019年10月31日
商品形態:
電子書籍

ようこそ、血と錆の匂いが染みついたこの町へ。

失踪した母を探して行きついたのは、動物の死骸が散乱し、血の匂いが充満した漁師町だった――。
第39回 横溝正史ミステリ&ホラー大賞優秀賞受賞、選考会時から賛否両論を巻き起こした問題作が遂に刊行!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「出航」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 出奔した母を探しに向かった北国の漁師町は、動物の死骸が散逸し、生々しい匂いが充満した町だった。ようやく見つかった母は、血塗られた船を造っていた。恋人や妹たちは、母が造った船に次々と呑み込まれていき-。 出奔した母を探しに向かった北国の漁師町は、動物の死骸が散逸し、生々しい匂いが充満した町だった。ようやく見つかった母は、血塗られた船を造っていた。恋人や妹たちは、母が造った船に次々と呑み込まれていき-。 …続きを読む
    sai
    2019年11月08日
    9人がナイス!しています
  • 禁断の書 根腐れ蜜柑 これで、ピンとくる人だけ読みましょう。 酷く陰惨な話なので、これが神話の一部と 分かる人だけに、オススメの本。 いやーひどいひどい(褒め言葉 北海道弁で書かれたホラーは、初めて 禁断の書 根腐れ蜜柑 これで、ピンとくる人だけ読みましょう。 酷く陰惨な話なので、これが神話の一部と 分かる人だけに、オススメの本。 いやーひどいひどい(褒め言葉 北海道弁で書かれたホラーは、初めて読んだかも。 …続きを読む
    ettyan
    2019年11月10日
    2人がナイス!しています
  • 第39回横溝正史ミステリ&ホラー大賞優秀賞受賞作。横溝正史要素は絶無だがホラー小説としては及第点。とにかく徹頭徹尾下品でグロテスクであり、主人公一人称で物語が進行するのにその主人公に微塵も魅力を感じな 第39回横溝正史ミステリ&ホラー大賞優秀賞受賞作。横溝正史要素は絶無だがホラー小説としては及第点。とにかく徹頭徹尾下品でグロテスクであり、主人公一人称で物語が進行するのにその主人公に微塵も魅力を感じない。おまけににリーダビリティも高いとはいえない。しかしながら、否が応でも通読させるエネルギーは有している。ところで本の帯には、作中に『根腐れ蜜柑(ネグサレミカン)』なる書物が登場することが示されており、その筋の好事家には瞬時に内容予測が可能な重大なネタバレ要素になっている。むしろ一定の購買層を誘引するためか。 …続きを読む
    ybbose
    2019年11月10日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品