首 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年12月20日
商品形態:
電子書籍

  • 著者 北野 武
発売日:
2019年12月20日
商品形態:
電子書籍

信長を殺れ! 天下を奪え! 誰も読んだことのない「本能寺」がここに。

羽柴秀吉と千利休に雇われ、謀反人と逃げ延びた敵を探す旅をしていた曾呂利新左衛門は、信長に反旗を翻し、有岡城から逃走する荒木村重を偶然捕らえた。この首の価値はいかに。曾呂利は、信長が狙う荒木村重の身柄を千利休に託すのだった。一方、丹波篠山の農民・茂助は、播磨へ向かう秀吉の軍勢を目撃し、戦で功を立てようと、雑兵に紛れ込むのだった。だが、思わぬ敵の襲撃が茂助の運命を狂わせていく──。信長、秀吉、光秀、家康を巻き込み、首を巡る戦国の饗宴が始まる。書き下ろし歴史長編。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「首」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 3月の第一作は、北野 武の初歴史小説です。『麒麟がくる』関連第四弾です。会話は著者らしく楽しめましたが、歴史小説は無理がある気がします。叙勲したので、純文学や歴史小説を書いて作家としての権威付けをして 3月の第一作は、北野 武の初歴史小説です。『麒麟がくる』関連第四弾です。会話は著者らしく楽しめましたが、歴史小説は無理がある気がします。叙勲したので、純文学や歴史小説を書いて作家としての権威付けをしているのかなぁ? 著者は、本能寺の変、秀吉謀略説を取っていました。 …続きを読む
    starbro
    2020年03月01日
    163人がナイス!しています
  • 図書館本。★★★☆☆ 北野武による北野武の為の戦国語り。『いだてん』の志ん生よろしく聚楽第で秀吉に語り出す。今度は志ん生ではなく曽呂利新左衛門で。血なまぐさいのにどこか間抜けた所もある戦国武将達の企み 図書館本。★★★☆☆ 北野武による北野武の為の戦国語り。『いだてん』の志ん生よろしく聚楽第で秀吉に語り出す。今度は志ん生ではなく曽呂利新左衛門で。血なまぐさいのにどこか間抜けた所もある戦国武将達の企み。ラストの『首』実験の描き方に北野氏の映画の雰囲気が出ているなと。 …続きを読む
    ゆりあす62
    2020年01月17日
    100人がナイス!しています
  • ビートたけしの初歴史小説。信長に反旗を翻し、首を挙げられた荒木村重が、生きていて明智光秀の参謀となり、本能寺の変の黒幕が秀吉であったという新解釈の物語。タイトルの「首」は、侍の武功の証でありながら、誰 ビートたけしの初歴史小説。信長に反旗を翻し、首を挙げられた荒木村重が、生きていて明智光秀の参謀となり、本能寺の変の黒幕が秀吉であったという新解釈の物語。タイトルの「首」は、侍の武功の証でありながら、誰のものかわかったものではないという痛烈な皮肉が込められている。芸人でもある曽呂利新左衛門の語りで進んでいくストーリーで、犬の光秀、サルの秀吉、キジの家康が、暴君になった桃太郎を成敗するという小噺にたけしさんらしい毒が込められていました。ただ、面白かったかと言われれば、それほどでも・・そんな一冊でした。 …続きを読む
    ウッディ
    2020年05月31日
    61人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品