スワン 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年10月31日
商品形態:
電子書籍

スワン

  • 著者 呉 勝浩
発売日:
2019年10月31日
商品形態:
電子書籍

銃撃テロを生き延びた五人。彼らは何を隠しているのか、何を恐れているのか

首都圏の巨大ショッピングモール「スワン」で起きたテロ事件。死者二十一名、重軽傷者十七名を出した前代未聞の悲劇の渦中で、犯人と接しながら、高校生のいずみは事件を生き延びた。しかし、取り戻したはずの平穏な日々は、同じく事件に遭遇し、大けがをして入院中の同級生・小梢の告発によって乱される。次に誰を殺すか、いずみが犯人に指名させられたこと。そしてそのことでいずみが生きながらえたという事実が、週刊誌に暴露されたのだ。被害者から一転、非難の的となったいずみ。そんななか、彼女のもとに一通の招待状が届く。集まったのは、事件に巻き込まれ、生き残った五人の関係者。目的は事件の中の一つの「死」の真相を明らかにすること。彼らが抱える秘密とは? そして隠された真実とは。圧倒的な感動。10年代ミステリ最後の衝撃!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「スワン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • テレビ番組「王様のブランチ」のブックコーナーでも紹介された呉勝浩さんの新作小説。首都圏近郊の巨大ショッピングモール「スワン」で、多数の死者・負傷者を出した無差別射殺テロ事件が発生、本作はこのテロ事件後 テレビ番組「王様のブランチ」のブックコーナーでも紹介された呉勝浩さんの新作小説。首都圏近郊の巨大ショッピングモール「スワン」で、多数の死者・負傷者を出した無差別射殺テロ事件が発生、本作はこのテロ事件後に生き残った人々により事件の裏側に隠された別の「悲劇」が暴かれる。テロシーンの描写はリアルで、手法も現代的でリアリティあり。テロ事件での犯人と被害者の行動描写が複雑なので、読んでいて混乱してしまう人もいるかもしれない。 …続きを読む
    tonkotsu
    2019年11月14日
    39人がナイス!しています
  • 群像劇のような比較的ゆっくりとした導入部から突然殺戮は始まり、あっという間に時は流れ、怪しい会合に招かれた五人の生存者が語る”真実”の行方へと話は移る。確かに「悲劇の総括」ではあったが、なぜか読んでて 群像劇のような比較的ゆっくりとした導入部から突然殺戮は始まり、あっという間に時は流れ、怪しい会合に招かれた五人の生存者が語る”真実”の行方へと話は移る。確かに「悲劇の総括」ではあったが、なぜか読んでて軽くイライラ&鬱。主人公の女子高生とその友人の関係もなんとなくしっくりこないし(現実だとそんなもんだと言うのはわかるんだけど)、気にいらない登場人物ベスト3は木梢、鮎川、いずみ(他にも候補いっぱいいたけど)。このモヤモヤ感は重要なモチーフである「白鳥の湖」のとこをもれなくさくっと読み飛ばしてたせいかもなw …続きを読む
    ふう
    2019年11月15日
    14人がナイス!しています
  • スワンというのほショッピングモールで起きた無差別射殺事件。生き延びた人が集まった茶会で、徐々に隠された真実が明らかになっていく。生き延びた女子高生いずみが、恐れているものは何か?全てが明らかになった時 スワンというのほショッピングモールで起きた無差別射殺事件。生き延びた人が集まった茶会で、徐々に隠された真実が明らかになっていく。生き延びた女子高生いずみが、恐れているものは何か?全てが明らかになった時の衝撃は大きかったです。人の心の光と闇のようなものが、重くのしかかってきました。 …続きを読む
    ken
    2019年11月17日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品