黄金列車 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年10月31日
商品形態:
電子書籍

黄金列車

  • 著者 佐藤 亜紀
発売日:
2019年10月31日
商品形態:
電子書籍

戦場を駆ける黄金列車の行方は? 大人達の戦いを描く佐藤亜紀の新たな傑作。

ハンガリー王国大蔵省の役人のバログは、敵軍迫る首都から国有財産の退避を命じられ、政府がユダヤ人から没収した財産を積んだ「黄金列車」の運行にかかわることになる。バログは財宝を狙う有象無象を相手に、文官の論理と交渉術を持って渡り合っていくが、一方で、ユダヤ人の財産である物品は彼を過去の思い出へといざなう。かつて友誼を結んだユダヤ人の友人たち、妻との出会い、輝くような青春の思い出と、徐々に迫ってくる戦争の影――。ヨーロッパを疾駆する機関車のなか、現在と過去を行き来しながらバログはある決意を固める。実在した「黄金列車」の詳細な資料を元に物語を飛翔させる、佐藤亜紀の新たな代表作!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「黄金列車」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • それは“黄金”列車なのだろうか。第二次世界大戦末期、ユダヤ人から没収した財宝を国有財産として積載した、ブタペシュト発の列車。史実に基づいたフィクションだが、作者の硬質な筆は説明をきらい、事実の描写に徹 それは“黄金”列車なのだろうか。第二次世界大戦末期、ユダヤ人から没収した財宝を国有財産として積載した、ブタペシュト発の列車。史実に基づいたフィクションだが、作者の硬質な筆は説明をきらい、事実の描写に徹する。カットを多用した映画のように、壮絶な現在と無残に奪われた過去が交錯する。銀の燭台や切手帳の、心憎いまでの巧みな使い方。物語後半、封印されていた主人公バログの痛切な思いが像を結ぶ。苦難の末のラストで作者は一冊の切手帳に託して問うのだ、守り抜くべきかけがえの無いものとは“黄金”ではなかったのではないか、と。 …続きを読む
    ちゃちゃ
    2020年05月16日
    125人がナイス!しています
  • 第二次世界大戦に関して書かれた文学は多いが、この本もその一面を描いた作品だった。大戦の末期、ハンガリー大蔵省の役人のバログは、敵軍迫る首都から国有財産の退避を命じられ、政府がユダヤ人から没収した財産を 第二次世界大戦に関して書かれた文学は多いが、この本もその一面を描いた作品だった。大戦の末期、ハンガリー大蔵省の役人のバログは、敵軍迫る首都から国有財産の退避を命じられ、政府がユダヤ人から没収した財産を積んだ「黄金列車」と呼ばれる列車に携わることになる。ストーリーの流れは没収資産を列車に乗せて運搬する話。その中にかつてバログが親交を結んだユダヤ人の友人たちの思い出が挿入される。暗く重い雰囲気が漂う中、バログの行なった行為が胸に迫ってくる。戦争文学の名作と呼んでもいい一冊だと思う。 …続きを読む
    のぶ
    2019年11月26日
    110人がナイス!しています
  • 図書館本。★★★★☆ 1944年、第二次世界大戦下のハンガリー。ハンガリー王国の大蔵省官吏のバログは秘密裏に国家財産を列車で運ぶ任務を帯びる。国家財産とはユダヤ人から摂取した品で「黄金列車」と名付けら 図書館本。★★★★☆ 1944年、第二次世界大戦下のハンガリー。ハンガリー王国の大蔵省官吏のバログは秘密裏に国家財産を列車で運ぶ任務を帯びる。国家財産とはユダヤ人から摂取した品で「黄金列車」と名付けられていた。列車に揺られながら思い出すのは戦争前の妻とユダヤ人友人夫婦との楽しい思い出。それもすべて亡くなってしまった。やがて連合国軍の勝利で支配していたナチスの敗戦が色濃い中、列車が足止めされた町はハンガリー人、ナチスSS、浮浪児などが「黄金列車」を襲う。*あのあとバログは赤毛と何処かで再会出来ただろうか。 …続きを読む
    ゆりあす62
    2019年12月28日
    103人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品