まほり 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年10月02日
商品形態:
電子書籍

まほり

  • 著者 高田 大介
発売日:
2019年10月02日
商品形態:
電子書籍

『図書館の魔女』の著者が描く、初の長篇ミステリ!

4年の沈黙を破り、『図書館の魔女』の著者が描く驚天動地のミステリ

「まほり」とは何か?

蛇の目紋に秘められた忌まわしき因習
膨大な史料から浮かび上がる恐るべき真実

大学院で社会学研究科を目指して研究を続けている大学四年生の勝山裕。卒研グループの飲み会に誘われた彼は、その際に出た都市伝説に興味をひかれる。上州の村では、二重丸が書かれた紙がいたるところに貼られているというのだ。この蛇の目紋は何を意味するのか? ちょうどその村に出身地が近かった裕は、夏休みの帰郷のついでに調査を始めた。偶然、図書館で司書のバイトをしていた昔なじみの飯山香織とともにフィールドワークを始めるが、調査の過程で出会った少年から不穏な噂を聞く。その村では少女が監禁されているというのだ……。代々伝わる、恐るべき因習とは? そして「まほり」の意味とは?
『図書館の魔女』の著者が放つ、初の長篇民俗学ミステリ!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「まほり」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ぞくり、とした。比喩ではない。布団に寝転がりながら読んでいたのだ。背中は薄く汗を掻くくらい、なのに背中の毛が総毛だつ悪寒にも似た衝撃。492ページの長編でぞくり、ときたのは残り100ページを切り【まほ ぞくり、とした。比喩ではない。布団に寝転がりながら読んでいたのだ。背中は薄く汗を掻くくらい、なのに背中の毛が総毛だつ悪寒にも似た衝撃。492ページの長編でぞくり、ときたのは残り100ページを切り【まほり】について対象言語学の博覧強記・桐生先生が明確に説明した凄惨な忌み言葉。全く馴染みの無い世界・言葉を追う苦行めいた読書は、一転して急転直下。結末を前に読み手は、なぜ裕の母の戸籍が無かったのか、なぜ他人たる少女を救わねばならなかったのか、なぜ子供の淳の言葉を信じ得たのか、理解している。従って探偵役の謎解き→続 …続きを読む
    文庫フリーク@灯れ松明の火
    2019年11月08日
    247人がナイス!しています
  • 知識が乏しいせいか、所々、理解が追いつかず頭が沸騰しそうになってしまった。それでも、先が気になり、読むのが止められない中毒性のある一冊だったと思う。勝手にジャンルはホラーと思い込んで読み始めたが・・・ 知識が乏しいせいか、所々、理解が追いつかず頭が沸騰しそうになってしまった。それでも、先が気になり、読むのが止められない中毒性のある一冊だったと思う。勝手にジャンルはホラーと思い込んで読み始めたが・・・史実の方が、よっぽど怖いという事が分かった気がする(汗)。 …続きを読む
    kou
    2019年12月31日
    172人がナイス!しています
  • 読み終わった後も心臓のばくばくが収まらない。町中に張られた謎の二重丸のお札。亡き母の出自に繋がりそうな故郷の怪談噺に興味を持った主人公。不穏な空気に包まれた山里の村に監禁されているらしい少女の存在。気 読み終わった後も心臓のばくばくが収まらない。町中に張られた謎の二重丸のお札。亡き母の出自に繋がりそうな故郷の怪談噺に興味を持った主人公。不穏な空気に包まれた山里の村に監禁されているらしい少女の存在。気になりながらも、次から次へと出てくる古文書の漢字にどうしても目が泳いでしまい、ついつい意識も遠ざかり…が、しかし!「まほり」の真の意味が明らかになった時の驚きと恐怖。そこからはもう一気読み。間に合うのか⁉️そして多分そうだろうとは思っていたが、ラスト一行、また鳥肌ものだった。 …続きを読む
    みっちゃん
    2019年12月16日
    171人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品