コウサツ 刑事課・桔梗里見の囮捜査

コウサツ 刑事課・桔梗里見の囮捜査 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年08月29日
商品形態:
電子書籍

コウサツ 刑事課・桔梗里見の囮捜査

  • 著者 前川裕
発売日:
2019年08月29日
商品形態:
電子書籍

新人女性刑事・桔梗×「歩く殺人百科」平瀬が、連続猟奇殺人犯を追う!

日本中を震撼させる「東京絞殺魔」は誰だ!?
映画化『クリーピー』、連続ドラマ化『イアリー』の著者による、一気読み警察小説!

武蔵野署の新人刑事・桔梗里見が初めて臨場した殺人事件現場は、女子大生が絞殺された上、臍をえぐり取られるという凄惨なものだった。
桔梗は、プロファイリングの専門家で「歩く殺人百科」の異名を持つ変人刑事・平瀬健と組んで調べを進めるが、絞殺事件は続き、捜査は難航。2人は犯罪学の教授・大村邦房に助言を求めた。
すると、実在した連続殺人鬼「ボストン絞殺魔」のオマージュ殺人の可能性が高いという。
「東京絞殺魔」は誰なのか? マスコミが騒ぐ中、容疑者を絞り込んだ桔梗は、自らの意志で危険な囮捜査を決行するが――。

異常者だらけの現実に、孤高の女刑事が立ち向かう。圧巻のサスペンス!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「コウサツ 刑事課・桔梗里見の囮捜査」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 何だか最近の前川さんは、前の背筋がゾクッとするような気味が悪くなるような人物が登場しなくてつまらない。普通の警察小説になってしまったよう。 今回も犯罪学に詳しい大学教授というのが出てくるから、もしやあ 何だか最近の前川さんは、前の背筋がゾクッとするような気味が悪くなるような人物が登場しなくてつまらない。普通の警察小説になってしまったよう。 今回も犯罪学に詳しい大学教授というのが出てくるから、もしやあのクリーピーの!って期待したけど…。ストーリーとしては面白かったし、その教授のキャラも際立ってたし、犯人の薄気味悪さもあったけど。一番は桔梗のパートナーだった平瀬の存在。何だったんだろうか、ラストは驚かされたけどそれもまた、竜城に騙されてるんじゃないかとも疑った。あ、元職場の病院が出てきたのは嬉しかった! …続きを読む
    hushi亜子
    2019年09月18日
    39人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品