ギブミー・チョコレート 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年08月30日
商品形態:
電子書籍

ギブミー・チョコレート

  • 著者 飯島 敏宏
発売日:
2019年08月30日
商品形態:
電子書籍

東京大空襲の夜、炎の中を走り抜けた親友は戻らなかった――

東京の下町育ちの弘は、友人たちと自由な子ども時代を謳歌していた。だが遠くにあったはずの戦争は、徐々に不穏な影を落としはじめる――「少国民」と呼ばれた子どもたちが見たリアルを描く、著者の自伝的物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ギブミー・チョコレート」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館の新着のところにあった本です。著者はウルトラマンとか金妻の演出などをしてた方です。パラパラめくったらこの前に読んだコイコワレの時代と一緒だったので借りてみたらとても良かったです。物心ついた時から 図書館の新着のところにあった本です。著者はウルトラマンとか金妻の演出などをしてた方です。パラパラめくったらこの前に読んだコイコワレの時代と一緒だったので借りてみたらとても良かったです。物心ついた時からずっと戦争中で小学6年の時に中学受験のため疎開先から帰ってきて東京大空襲にあうというところまで。あの時はそうゆう子がたくさんいたのでしょうね。食べる物にも困っていたようなのに、やはり子供はエネルギーがあるなと思いました。あの時代に比べると今は本当に恵まれてるなと思いました。 …続きを読む
    樹里
    2019年11月23日
    10人がナイス!しています
  • 戦前の明るい空気から、だんだんと戦争が迫ってきて暗い空気が押し寄せて来た幼稚園時代。戦時体制に入り暗い空気の中子ども時代をすごした著者の自伝的小説だ。 中学受験のため疎開先から東京に戻った著者は、東京 戦前の明るい空気から、だんだんと戦争が迫ってきて暗い空気が押し寄せて来た幼稚園時代。戦時体制に入り暗い空気の中子ども時代をすごした著者の自伝的小説だ。 中学受験のため疎開先から東京に戻った著者は、東京大空襲に合う。東京の空がB29で覆い尽くされ、首都が無差別に焼き尽くされていく描写はリアルで恐ろしいほどでした。「木と紙で作られた大日本帝国の首都東京を人間ごと焼却する作戦の遂行」で炎の海となった東京の姿、そしてその中で親友が焼かれ、そして、終戦を迎えた著者の経験や事実に基づいた小説で読み応えがあった。 …続きを読む
    Tadayoshi Konishi
    2020年01月21日
    0人がナイス!しています
  • カバーの可愛いイラストに誘われて図書館で借りた本。 戦時中の子供たちのお話でした。古めかしい言葉(今の言葉に代えてあるのもあるけど)があって、かなり読みにくかったです。 カバーの可愛いイラストに誘われて図書館で借りた本。 戦時中の子供たちのお話でした。古めかしい言葉(今の言葉に代えてあるのもあるけど)があって、かなり読みにくかったです。
    つきこ
    2019年12月14日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品