夏の陰

発売日:
2019年04月26日
商品形態:
電子書籍
夏の陰 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

夏の陰

  • 著者 岩井 圭也
発売日:
2019年04月26日
商品形態:
電子書籍

出会ってはならなかった二人の対決の行方は――。「罪」と「赦し」の物語。

運送会社のドライバーとして働く倉内岳は、卓越した剣道の実力を持ちながら、公式戦にはほとんど出場したことがなかった。岳の父である浅寄准吾は、15年前、別居中だった岳と母の住むアパートに立てこもり、実の息子である岳を人質にとった。警察との膠着状態が続いた末、浅寄は機動隊のひとりを拳銃で射殺し、その後自殺する。世間から隠れるように生きる岳だったが、自分を剣道の道に引き入れてくれた恩人の柴田の願いを聞き入れ、一度だけ全日本剣道選手権の京都予選に出場することを決意する。予選会の日、いかんなく実力を発揮し決勝に進出した岳の前に、一人の男が立ちはだかる。辰野和馬、彼こそが岳の父親が撃ち殺した機動隊員の一人息子だった。「死」を抱えて生きてきた者同士、宿命の戦いが始まる――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夏の陰」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 親の罪は子どもが背負うものですかー不条理にも突然父を射殺された子供の心の闇を誰が払ってくれるのだろうかー対極にいる二人の息子の歩んだ先に剣道があった。竹刀を交えて二人にしか分かり合えない感情があるのだ 親の罪は子どもが背負うものですかー不条理にも突然父を射殺された子供の心の闇を誰が払ってくれるのだろうかー対極にいる二人の息子の歩んだ先に剣道があった。竹刀を交えて二人にしか分かり合えない感情があるのだろう。加害者家族・岳の母親と被害者家族・和馬の母親の存在が薄くて残念過ぎる。特に岳の置かれた状況は厳しい。父と慕う柴田とも別れ、自分の人生を生きて行く岳に幸あれ!と思う。エピローグは反則です(泣)お初の作家さん、デビュー作も読んでみたい。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2019年05月21日
    194人がナイス!しています
  • 加害者の息子と被害者の息子、テーマに新鮮さはないものの、今作でも読みながら寄り添いすぎて苦しくなるほどの心理描写に引き込まれ、泣きながら読み終えた。読んだだけのはずなのに、音、熱、色を感じたままの余韻 加害者の息子と被害者の息子、テーマに新鮮さはないものの、今作でも読みながら寄り添いすぎて苦しくなるほどの心理描写に引き込まれ、泣きながら読み終えた。読んだだけのはずなのに、音、熱、色を感じたままの余韻の中にいる。『永遠についての証明』同様、とにかく好み。すっごく好き。色々書きたくないほど今大切に胸に留めてる。平成ラスト本、すばらしかった。 …続きを読む
    みどり虫📚
    2019年04月30日
    151人がナイス!しています
  • 加害者家族と被害者遺族、相対する立場となった二人の少年が、やり場のない思いを抱え歩んできた過酷な人生に、胸がキリキリ痛む物語だった。「裂果」同様に追い詰められていく人間の心情描写が抜群に巧く、その苦し 加害者家族と被害者遺族、相対する立場となった二人の少年が、やり場のない思いを抱え歩んできた過酷な人生に、胸がキリキリ痛む物語だった。「裂果」同様に追い詰められていく人間の心情描写が抜群に巧く、その苦しみにシンクロせずには読めないほど。周囲の大人たちの様々な事情も物語に深みを与えている。だが個人的にクライマックスの描写に途中から入り込めず。武道が有する精神世界でのやり取りは理解できるものの、いきなりリアリティが失われたような戸惑いと違和感を覚えてしまった。とてもいい作品だが惜しいというのが正直な感想。 …続きを読む
    Yoko Omoto
    2019年06月25日
    140人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品