アメリカン・ゴッズ 下 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年07月16日
商品形態:
電子書籍

アメリカン・ゴッズ 下

  • 著者 ニール・ゲイマン
  • 訳者 金原 瑞人
  • 訳者 野沢 佳織
発売日:
2020年07月16日
商品形態:
電子書籍

現代アメリカの病と心の真空をうつしとった傑作ファンタジー!

移住者と共にアメリカに移り住んだ古の神々が力を失う一方、20世紀はテクノロジーの神々を生み、双方は敵対していた。北欧の戦いの神・オーディンであるウェンズデイは、古い神々に団結を呼びかけるが、妻の亡霊が敵を殺したため、シャドウは指名手配されてしまう。妻の亡霊に助けられながら、決戦に臨んだシャドウが、新旧の神々に語った衝撃の事実とは――? 鬼才ニール・ゲイマンが神々の対決を描く、最高傑作! 解説:三橋暁

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「アメリカン・ゴッズ 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 途中、驚きの展開に、つい上巻に戻って読み直してしまう。これは本当にテンション上がる! ただ、神話を知らないと楽しさ半減と思うので人に薦めるには悩ましい。個人的には最高! ヒンツェルマンのエピソードや、 途中、驚きの展開に、つい上巻に戻って読み直してしまう。これは本当にテンション上がる! ただ、神話を知らないと楽しさ半減と思うので人に薦めるには悩ましい。個人的には最高! ヒンツェルマンのエピソードや、贄を免れようとした王の話から、信仰無関係に贄を捧げる契約は有効、というルールで、忘れ去られようが、自動的に贄が集まるタイプの神なら力は弱まらないってことかな。それなら今まで感じた哀愁も全部いかさま? ニール・ゲイマン凄い! 満足することを知らないのは神々だけじゃない。ゲームの続き、もしくは新しいゲームを! …続きを読む
    アナーキー靴下
    2020年11月15日
    30人がナイス!しています
  • なるほど、これはまさに「アメリカの神々」の話なのだ、と深く納得する流れでした。登場する神話、神々、それにまつわる人々の運命が面白く、ラストまでぐいぐい読ませます。もしかしてラスト前の展開は評価が分かれ なるほど、これはまさに「アメリカの神々」の話なのだ、と深く納得する流れでした。登場する神話、神々、それにまつわる人々の運命が面白く、ラストまでぐいぐい読ませます。もしかしてラスト前の展開は評価が分かれるかもしれませんが、だからこそ「神話」なのかなあとわたしは思いました。良かったです。 …続きを読む
    くさてる
    2020年08月22日
    20人がナイス!しています
  • ああこれは、現代を舞台にした神話物語なんだと改めて納得しました。無骨なほどに実直なシャドウの長い苦しい旅も、ついに終わりを迎える。次々と現れる神様たちのキャラクターには愛嬌がある。感動の結末。面白かっ ああこれは、現代を舞台にした神話物語なんだと改めて納得しました。無骨なほどに実直なシャドウの長い苦しい旅も、ついに終わりを迎える。次々と現れる神様たちのキャラクターには愛嬌がある。感動の結末。面白かった。 …続きを読む
    Ribes triste
    2020年08月10日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品