大学4年間の宗教学が10時間でざっと学べる

宗教学は、グローバル時代における必須教養だ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月04日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784046041241
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

大学4年間の宗教学が10時間でざっと学べる

宗教学は、グローバル時代における必須教養だ

  • 著者 島薗 進
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月04日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784046041241

宗教学は、グローバル時代における必須教養だ

政治、経済、文化、あらゆることの根底には
「宗教」の考え方が根付いています。

そうした背景を理解することは、グローバル時代における
コミュニケーションに必須です。

本書で基本を「ざっと」押さえましょう

もくじ

 序 宗教と宗教学
  1章 宗教とは何か?/2章 宗教の誕生
第1部 世界の宗教
  3章 ユダヤ教とキリスト教/4章 ユダヤ教とキリスト教の諸形態/5章 ヒンドゥー教と仏教/6章 仏教の諸形態/7章 イスラーム/8章 インド以西の諸宗教
第2部 東アジアと日本の宗教
  9章 儒教と道教/10章 東アジア近世の宗教/11章 神道の基軸/12章 近代の神道/13章 古代仏教/14章 中世仏教/15章 習合的な宗教伝統/16章 新宗教の展開
第3部 世俗化論と世俗化論以後
  17章 宗教の衰退か?/18章 宗教復興か?/19章 宗教の働く新たな場/20章 宗教が求められる場

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品