メディアワークス文庫

ヘルハウンド 犯罪者プロファイラー・犬飼秀樹

凶悪犯罪者を”悪の心理”で暴く、衝撃のクライムサスペンス

発売日:
2018年11月24日
商品形態:
電子書籍
ヘルハウンド 犯罪者プロファイラー・犬飼秀樹 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

メディアワークス文庫

ヘルハウンド 犯罪者プロファイラー・犬飼秀樹

凶悪犯罪者を”悪の心理”で暴く、衝撃のクライムサスペンス

  • 著者 青木 杏樹
発売日:
2018年11月24日
商品形態:
電子書籍

凶悪犯罪者を”悪の心理”で暴く、衝撃のクライムサスペンス

悪魔VS凶悪犯罪者――衝撃の犯罪心理サスペンス!

「俺は邪悪な話術を使う、悪魔なんだよ」
 死体マニアの変人ながら、天才的頭脳で若くして犯罪心理学の准教授を務める男、犬飼。彼は“特権法”登録ナンバー〇〇二――難解事件の捜査を特別に国に認められた民間人プロファイラーだ。
 【黒妖犬(ヘルハウンド)】の異名を持つ彼は、幼馴染の副検事・諭吉から持ち込まれる凶悪犯罪の真相を【悪の心理学(イーブルテクニック)】で狡猾に暴いていく。しかし、犬飼が死体を愛するきっかけとなった25年前の事件――諭吉の母の自殺だけは真相が不明で……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ヘルハウンド 犯罪者プロファイラー・犬飼秀樹」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 惨たらしい死体を“恋人”と呼び愛でる犯罪心理学の准教授・犬飼と、彼の幼馴染で副検事の諭吉。最初は人嫌いで屈折した犬飼を、明るく朗らかな諭吉がフォローしながら事件の真相を明らかにしていく話だと思っていた 惨たらしい死体を“恋人”と呼び愛でる犯罪心理学の准教授・犬飼と、彼の幼馴染で副検事の諭吉。最初は人嫌いで屈折した犬飼を、明るく朗らかな諭吉がフォローしながら事件の真相を明らかにしていく話だと思っていた。が、読み進めていくとより人間らしいのは犬飼の方だった。 25年前の事件の真相は、まぁそうだよね……という想定内。あの事件が幼い子ども2人に与えた影響を思うと、真犯人の自分勝手な言動に憤りを覚える。 これからようやく、諭吉は本当の自分を表に出して友情や親子関係を築いていけるね。(そして脱DTできるといいネ!) …続きを読む
    絵美
    2018年12月21日
    13人がナイス!しています
  • 犬飼秀樹…犯罪心理学の准教授にして、犯罪者プロファイラーの男。彼にとって、被害者(遺体)は、「恋人」である。諭吉龍一郎…犬飼秀樹の幼馴染みにして、副検事。サクサクと読了ですが‥25年前の諭吉の母マリア 犬飼秀樹…犯罪心理学の准教授にして、犯罪者プロファイラーの男。彼にとって、被害者(遺体)は、「恋人」である。諭吉龍一郎…犬飼秀樹の幼馴染みにして、副検事。サクサクと読了ですが‥25年前の諭吉の母マリアの事件は、許しがたいですね。女神の姿をした悪魔……彼女に人生を狂わされた犬飼秀樹と諭吉龍一郎が哀れです。。 …続きを読む
    マサキ@灯れ松明の火
    2019年03月18日
    12人がナイス!しています
  • 「俺は邪悪な話術を使う、悪魔なんだよ」死体マニアの変人ながら、天才的頭脳で若くして犯罪心理学の准教授を務める男、犬飼。彼は“特権法”登録ナンバー〇〇二―難解事件の捜査を特別に国に認められた民間人プロフ 「俺は邪悪な話術を使う、悪魔なんだよ」死体マニアの変人ながら、天才的頭脳で若くして犯罪心理学の准教授を務める男、犬飼。彼は“特権法”登録ナンバー〇〇二―難解事件の捜査を特別に国に認められた民間人プロファイラーだ。“黒妖犬”の異名を持つ彼は幼馴染の副検事・諭吉から持ち込まれる凶悪犯罪の真相を“悪の心理学”で狡猾に暴いていく。しかし、犬飼が死体を愛するきっかけとなった25年前の事件―諭吉の母の自殺だけは真相が不明で…。 …続きを読む
    サクラ翡翠
    2018年12月13日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品