サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する

サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年04月24日
商品形態:
電子書籍

サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する

  • 著者 梯 久美子
発売日:
2020年04月24日
商品形態:
電子書籍

その島は、歴史の狭間に漂っていた。昭和史の縮図を征く、珠玉の紀行ルポ!

かつて、この国には“国境線観光”があった。

樺太/サハリン、旧名サガレン。
何度も国境線が引き直された境界の島だ。
大日本帝国時代には、陸の“国境線”を観に、北原白秋や林芙美子らも訪れた。
また、宮沢賢治は妹トシが死んだ翌年、その魂を求めてサガレンを訪れ、名詩を残している。
他にもチェーホフや斎藤茂吉など、この地を旅した者は多い。
いったい何が彼らを惹きつけたのか?
多くの日本人に忘れられた島。その記憶は、鉄路が刻んでいた。
賢治の行程をたどりつつ、昭和史の縮図をゆく。
文学、歴史、鉄道、そして作家の業。すべてを盛り込んだ新たな紀行作品!

歴史の地層の上を走り続けた、旅の軌跡――。
「本書での二度のサハリン行きのあと、私はまたサハリンに旅をした。
(中略)この島の吸引力は強く、この先も繰り返し訪ねる予感がしている。
この地で生きて死んだ人たちの声を聴くことは、おそらくこれからの私のテーマになるだろう。」(「あとがき」より)

【目次】

第一部 寝台急行、北へ
 一 歴史の地層の上を走る
 二 林芙美子の樺太
 三 ツンドラ饅頭とロシアパン
 四 国境を越えた恋人たち
 五 北緯五〇度線のむこう
 六 廃線探索と鉱山王
 七 ニブフの口琴に揺られて

第二部 「賢治の樺太」をゆく
 一 「ヒロヒト岬」から廃工場へ
 二 賢治が乗った泊栄線
 三 「青森挽歌」の謎
 四 移動する文学
 五 大日本帝国、最果ての駅へ
 六 オホーツクの浜辺で
 七 チェーホフのサハリン、賢治の樺太
 八 白鳥湖の謎
 九 光の中を走る汽車
 十 すきとおったサガレンの夏

あとがき
主要参考文献一覧

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • サガレン、現在のサハリン(樺太)の古称。元来、アイヌ、ニブウなどの人々が暮らしていたこの島は、近代になり日露のせめぎ合いの地となる。日露戦争で南半は一時、日本領になるも、二次大戦を経て現在のソ連/ロシ サガレン、現在のサハリン(樺太)の古称。元来、アイヌ、ニブウなどの人々が暮らしていたこの島は、近代になり日露のせめぎ合いの地となる。日露戦争で南半は一時、日本領になるも、二次大戦を経て現在のソ連/ロシア領に。著者は2017年、ユジノサハリンスク(豊原)から寝台急行で北部の街ノグリキを目指す。戦前、樺太を鉄路旅した林芙美子の足跡を重ねながら。更に翌年、宮沢賢治が亡き妹の姿を追った樺太南部の地を訪ねて想う。賢治には妹はいまだ死出の旅路の途上にあるように思えたのではと。それは後の『銀河鉄道の夜』に繋がる旅に。 …続きを読む
    まーくん
    2020年06月12日
    85人がナイス!しています
  • サガレン=サハリン 歴史と国家の間に揉まれ数奇な運命を持つサハリン島の魅力を鉄道紀行を通して描く。後半は宮沢賢治の作品と賢治がサハリンを訪れた足跡を詳細に調べ、サハリンの自然が賢治にどう影響を与えたか サガレン=サハリン 歴史と国家の間に揉まれ数奇な運命を持つサハリン島の魅力を鉄道紀行を通して描く。後半は宮沢賢治の作品と賢治がサハリンを訪れた足跡を詳細に調べ、サハリンの自然が賢治にどう影響を与えたか検証する。 以前読んだ直木賞作品の「熱源」や今読む「坂の上の雲」とも重なり、面白く読んだ。それはやはりサハリンの自然と数奇な運命がもたらしてくれた奇跡のようなもの。貴重な話を読ませてもらった。 3.5/5 …続きを読む
    naginoha
    2020年07月31日
    46人がナイス!しています
  • 図書館本。著者の本を読むのは初めて。本書は二部構成に分かれています。第一部では、サハリン南端のユジノサハリンスクから、旧樺太国境を北に越え、終点ノグリキまでの列車旅について触れていて、終点ではオハ鉄道 図書館本。著者の本を読むのは初めて。本書は二部構成に分かれています。第一部では、サハリン南端のユジノサハリンスクから、旧樺太国境を北に越え、終点ノグリキまでの列車旅について触れていて、終点ではオハ鉄道跡を訪れるなど著者の鉄道オタクぶりを伺わせる内容です。第二部は、島内の列車運休というハプニングがあったせいか、主に、樺太を旅した宮沢賢治の足跡を辿る文学散歩っぽい内容になっています。著者の文章に落ち着きがあるために読んでいるうちはあまり感じませんでしたが、振り返ると若干内容の統一感には欠けるかとは思いました。 …続きを読む
    テイネハイランド
    2020年07月16日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品