ヒストリア (角川ebook)

20年の歳月をかけた著者最高傑作!

発売日:
2018年11月05日
商品形態:
電子書籍
ヒストリア (角川ebook) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ヒストリア (角川ebook)

20年の歳月をかけた著者最高傑作!

  • 著者 池上 永一
発売日:
2018年11月05日
商品形態:
電子書籍

20年の歳月をかけた著者最高傑作!

第二次世界大戦の米軍の沖縄上陸作戦で家族すべてを失い、魂(マブイ)を落としてしまった知花煉。一時の成功を収めるも米軍のお尋ね者となり、ボリビアへと逃亡するが、そこも楽園ではなかった。移民たちに与えられた土地は未開拓で、伝染病で息絶える者もいた。沖縄からも忘れ去られてしまう中、数々の試練を乗り越え、自分を取り戻そうとする煉。一方、マブイであるもう一人の煉はチェ・ゲバラに出会い恋に落ちてしまう……。果たして煉の魂の行方は? 
『テンペスト』『シャングリ・ラ』の著者が20年の構想を経て描破した最高傑作!

※本書は2017年8月25日に配信を開始した単行本「ヒストリア」をレーベル変更した作品です。(内容に変更はありませんのでご注意ください)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ヒストリア (角川ebook)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 池上永一は、新作中心に読んでいる作家です。沖縄女、知花煉の沖縄から南米ボリビア、世界を股にかけた波乱万丈のクロニクル、629Pのボリュームながら一気読みです。チェ・ゲバラと恋をしたり、キューバ危機を救 池上永一は、新作中心に読んでいる作家です。沖縄女、知花煉の沖縄から南米ボリビア、世界を股にかけた波乱万丈のクロニクル、629Pのボリュームながら一気読みです。チェ・ゲバラと恋をしたり、キューバ危機を救ってJ.F.ケネディに表彰されたり、想定外の展開で楽しめました。チェ・ゲバラとレン・チバナは対になっているような気がします。本作は、池上版「風と共に去りぬ」なのかも知れません。 …続きを読む
    starbro
    2017年10月06日
    174人がナイス!しています
  • 【第8回山田風太郎賞】冒険活劇で面白かった!太平洋戦争末期沖縄戦シーンで家族も財産も全て失った主人公の知花煉(ちばなれん)が沖縄でCICに追われて、南米ボリビアに移住する。第4章までは、煉の単独ストー 【第8回山田風太郎賞】冒険活劇で面白かった!太平洋戦争末期沖縄戦シーンで家族も財産も全て失った主人公の知花煉(ちばなれん)が沖縄でCICに追われて、南米ボリビアに移住する。第4章までは、煉の単独ストーリーだと思っていたが、分離した魂があり、2人の煉のストーリーで二元中継構成に変化してくる。1人は、ボリビアで農耕、密輸、コカイン畑、もう1人は、愛する人を追ってキューバへ。最終、沖縄に戻ってユタの口添えで魂の合体をしようとする・・・全630ページで読み応えあり、女傑プロレス、米ソ冷戦核弾頭空輸とワクワク展開! …続きを読む
    Washi
    2017年12月22日
    125人がナイス!しています
  • やっと読み終わりました。装丁を見てゲバラが主人公なのかと思って読み始めましたが違ってました。池上永一さん初読みでした。沖縄のひとなんね。カルロスが亡くなった時は残念だったけど、戦場の悪夢が演習場だった やっと読み終わりました。装丁を見てゲバラが主人公なのかと思って読み始めましたが違ってました。池上永一さん初読みでした。沖縄のひとなんね。カルロスが亡くなった時は残念だったけど、戦場の悪夢が演習場だったからってなぁ、んー。南米移民の小説は読んだ事が無かったのでためになりました。 …続きを読む
    拓郎
    2018年06月06日
    75人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品