人間狩り

発売日:
2018年10月12日
商品形態:
電子書籍
人間狩り 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

人間狩り

  • 著者 犬塚 理人
発売日:
2018年10月12日
商品形態:
電子書籍

有栖川有栖氏推薦、第38回横溝正史ミステリ大賞優秀賞受賞作!

有栖川有栖氏、推薦!
第38回横溝正史ミステリ大賞優秀賞受賞作が登場。

それは、誰もが味わえる後ろめたい悦び。
ネットを利用して、凶悪事件の“元”犯人に私刑を下そうとする〈自警団〉。
これは正義か?
現代人の深層を刺激するサスペンス・ミステリ!

14歳の少年が少女を殺害、眼球を少女の親に送りつけた、20年前の女児殺害事件。その犯行映像が突如、闇オークションに出品された。当時の捜査関係者なら犯行映像を持ち出せたはず――人事一課監査係の白石は捜査を開始する。

カード会社で督促の仕事をする江梨子は、一本のクレーム電話をきっかけに、ある男の悪行をネットに晒した。動画は警察が動くほど話題となり、かつてない満足感を覚えた江梨子は、悪人を“炎上”させ懲らしめる〈自警団〉サイトにのめり込んでいく。〈自警団〉でも積極的に活動する少年・龍馬と、サイト管理人の弥生と親しくなった江梨子。三人は、次の獲物を決める。近頃、犯行映像流出騒動で話題の元少年Aだ。龍馬の活躍で元少年Aの素性を突き止めるも、事態は思わぬ方向へと転がっていき……。

凶悪事件犯行映像流出元を追う警察、私刑を下すべく元犯人を追う〈自警団〉。
二つの“正義”が重なったとき、本当の物語が姿を現す!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「人間狩り」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 第38回横溝正史ミステリ大賞優秀賞ということで読みました。本賞受賞作を毎回楽しみにしています。本作は、新人作家とは思えないリーダビリティの高さで一気読みです。本作は大賞ではなく優秀賞ですが、過去の大賞 第38回横溝正史ミステリ大賞優秀賞ということで読みました。本賞受賞作を毎回楽しみにしています。本作は、新人作家とは思えないリーダビリティの高さで一気読みです。本作は大賞ではなく優秀賞ですが、過去の大賞作との比較の中で、大賞受賞でも良いのではないでしょうか?選評が掲載されていないので何とも言えませんが・・・次作以降も期待が持てます。 …続きを読む
    starbro
    2018年11月26日
    299人がナイス!しています
  • 犬塚さん初読み。「ネットで悪人を晒して糾弾する」今日的な事象を前面に押し出した社会派サスペンス&ミステリ…何処にでもいそうなOL、警察内部を調査する監察官、二人の視点を軸に進む物語はスピーディでサクサ 犬塚さん初読み。「ネットで悪人を晒して糾弾する」今日的な事象を前面に押し出した社会派サスペンス&ミステリ…何処にでもいそうなOL、警察内部を調査する監察官、二人の視点を軸に進む物語はスピーディでサクサク読めた。残念なのは、キーポイントの男がミステリファンの多くが思い浮かぶ人気シリーズと設定が同じな点と、終盤の駆け足過ぎる解決で物足りなさを感じさせるのが大賞を逃した理由と推察するが、新人に厳し過ぎるとも思う。人物造形や心情描写は上手いし「正義の在り方」を問うテーマも悪くないので、今後が楽しみな作家さんだ。 …続きを読む
    しんたろー
    2019年02月13日
    256人がナイス!しています
  • 現在のネット社会の暗闇を、象徴する作品。読んでいて辛くなる部分もあるが、エンターテインメント性あり、一気に読んでしまった。「龍馬」の素性に、もう一ひねり、二ひねりあるかな? と期待して読んだが、肩透か 現在のネット社会の暗闇を、象徴する作品。読んでいて辛くなる部分もあるが、エンターテインメント性あり、一気に読んでしまった。「龍馬」の素性に、もう一ひねり、二ひねりあるかな? と期待して読んだが、肩透かし。才能ありそうな作者だけに、次回作に期待したい。 …続きを読む
    鉄之助
    2018年11月30日
    239人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品