ダークエルフ物語12 夜明けへの道 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年03月20日
商品形態:
電子書籍

ダークエルフ物語12 夜明けへの道

  • 著者 R.A.サルバトーレ
  • 監訳 安田 均
  • 訳者 笠井 道子
発売日:
2019年03月20日
商品形態:
電子書籍

ダンジョンズ&ドラゴンズ世界に基づく、超ベストセラー・ファンタジー小説ダークエルフ物語の第12弾

邪悪なダークエルフ族の地上への侵攻を防いだ後、ドリッズトとキャッティ・ブリーは海賊拿捕船〈海の妖精〉号の乗員となり、海賊討伐に明け暮れる日々を過ごしていた。そこに再び忍び寄る、邪悪な影。波瀾万丈な航海の末、ドリッズト一行は“呪われた魔女の島”に導かれる……ドリッズトと深い因縁のある恐るべき奈落(アビス)の強敵が仕掛けた罠とは? その強敵に囚われ、日々拷問を受けているという、ドリッズトにとってかけがえの無い人物とは? 謎が謎を呼ぶ冒険は、最果ての極寒の地を舞台とした、魔族軍団とのかつてない凄惨な死闘へと向かう! そしてドリッズトの前には、亡き父ザクネイフィンの姿が……? 『ダークエルフ物語 ドロウの遺産』『同 星なき夜』『同 暗黒の包囲』に続く、「ドロウの遺産」シリーズをしめくくる、感動の完結編!! 小説『クレリック・サーガ』の主人公カダリーやダニカ、イヴァン&ピケルらも登場し、まさにダークエルフ物語シリーズの総決算と言える壮大なる物語が展開される!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ダークエルフ物語12 夜明けへの道」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 翻訳済みのドリッズド・サーガ最終巻。米国だとドリッズドの物語は、D&D3版の最後で魔術の女神ミストラが死に『呪文荒廃』が起き時代が百数十年過ぎたD&D4版になっても続いている。当然、キャッティ・ブリー 翻訳済みのドリッズド・サーガ最終巻。米国だとドリッズドの物語は、D&D3版の最後で魔術の女神ミストラが死に『呪文荒廃』が起き時代が百数十年過ぎたD&D4版になっても続いている。当然、キャッティ・ブリーやウルフ・ガーは老衰死しているがドリッズドの宿敵アルテミス・エントレリはシャドヴァー化し、ドロウの傭兵部隊ブレガン・セーダルの隊長ヤーラスクル共々元気らしい。後、故郷のメンゾベランザンでドリッズドがドロウの男性にとって密かに自由の象徴として憧れられているそうな。Kindle出版されたが続編も邦訳して欲しい。 …続きを読む
    ぷるっちょ
    2019年05月31日
    10人がナイス!しています
  • アイスウィンドサーガで登場した死王魔族エルトウとの死闘。 最期までドリッズド、グエンワイバーは格好いいね~ これで、現在日本語で読めるダークエルフ物語はこれにて終了。 米国ではかなりのシリーズが出 アイスウィンドサーガで登場した死王魔族エルトウとの死闘。 最期までドリッズド、グエンワイバーは格好いいね~ これで、現在日本語で読めるダークエルフ物語はこれにて終了。 米国ではかなりのシリーズが出てるみたいだから、どこかの出版社が出してくれるといいのにな。 …続きを読む
    そら
    2016年04月08日
    4人がナイス!しています
  • 囚われていたのは彼だった。 苦しみの果てに、夜明け。 シリーズが、つながる。 囚われていたのは彼だった。 苦しみの果てに、夜明け。 シリーズが、つながる。
    空飛び猫
    2012年11月22日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品