狼の義 新 犬養木堂伝

狼の義 新 犬養木堂伝 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年03月23日
商品形態:
電子書籍

狼の義 新 犬養木堂伝

  • 著者 林 新
  • 著者 堀川 惠子
発売日:
2019年03月23日
商品形態:
電子書籍

この男を失い、日本は焦土と化した。政界を駆けた孤狼の生涯を壮大に描く!

この男を失い、日本は焦土と化した。

最期の言葉は「話せばわかる」「問答無用」ではなかった!?
5・15事件の実態はじめ、驚愕の事実に基づく新評伝。
政界を駆け抜けた孤狼の生涯を圧倒的筆力で描く!!

「極右と極左は毛髪の差」(犬養毅)
日本に芽吹いた政党政治を守らんと、強権的な藩閥政治に抗し、腐敗した利権政治を指弾し、
増大する軍部と対峙し続け、5・15事件で凶弾に倒れた男・犬養木堂。
文字通り立憲政治に命を賭けた男を失い、政党政治は滅び、この国は焦土と果てた……。
戦前は「犬養の懐刀」、戦後は「吉田茂の指南役」として知られた古島一雄をもう一人の主人公とし、
政界の荒野を駆け抜けた孤狼の生涯を圧倒的な筆力で描く。
最期の言葉は「話せばわかる」ではなかった!? 5・15事件の実態をはじめ、驚愕の事実に基づく新評伝。

「侵略主義というようなことは、よほど今では遅ればせのことである。どこまでも、私は平和ということをもって進んでいきたい」
(1932年5月1日、犬養首相の日本放送協会ラジオ演説より)
真の保守とは、リベラルとは!? 明治、大正、昭和の課題を、果たして私たちは乗り越えられたのか?? 

※本書は2017年に逝去された林新氏が、厳格なノンフィクションでなく敢えて小説的な形式で構想し、着手したものを、堀川惠子氏がその意志を受け継ぎ、書き上げたものです。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「狼の義 新 犬養木堂伝」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 真の立憲政治の実現を目指し五・一五事件で軍部の暴力によりその生命を奪われた彼の真髄を目の当たりにした気がします。剛毅木訥仁に近し。彼は名の由来の言葉通りに生き抜いた真のリベラリストだったのではないでし 真の立憲政治の実現を目指し五・一五事件で軍部の暴力によりその生命を奪われた彼の真髄を目の当たりにした気がします。剛毅木訥仁に近し。彼は名の由来の言葉通りに生き抜いた真のリベラリストだったのではないでしょうか。 …続きを読む
    くれの
    2019年04月16日
    7人がナイス!しています
  • 永江朗さんの推薦されていた本を早速借りることができて面白くてあっという間に読めた。西南戦争から後の日本の政治のお勉強をしたような内容でした。が、犬養毅の魅力にもはまった。山岡鉄舟も清貧の人だったけれど 永江朗さんの推薦されていた本を早速借りることができて面白くてあっという間に読めた。西南戦争から後の日本の政治のお勉強をしたような内容でした。が、犬養毅の魅力にもはまった。山岡鉄舟も清貧の人だったけれど、この犬養毅も清貧の人で、その主張にぶれがなく貫き通したところが素晴らしいと感じた。主人に言わせると作者が慶応出身者なので、そこら辺りの絡みもあるとかぼやいていたが、大隈さんの風見鶏にはびっくり。この本で「恕」という言葉を知った。私も座右の銘にしたい漢字になった。 …続きを読む
    モンティ
    2019年07月05日
    1人がナイス!しています
  • 面白かったが、美化しすぎの印象が拭えない。統帥権干犯問題を政党間の政争に用いた事は、軍部台頭の一因となり、政党政治終焉の幕引きを自ら招いたのは、返す返すも残念 面白かったが、美化しすぎの印象が拭えない。統帥権干犯問題を政党間の政争に用いた事は、軍部台頭の一因となり、政党政治終焉の幕引きを自ら招いたのは、返す返すも残念
    ヨカバイ
    2019年05月27日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品