三年長屋 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年02月29日
商品形態:
電子書籍

三年長屋

  • 著者 梶 よう子
発売日:
2020年02月29日
商品形態:
電子書籍

河童が奉られた長屋の差配と店子たちが織りなす、心温まる物語。

下谷、山伏町にある裏店、通称『三年長屋』。この長屋に住むものは、なぜか三年ほどで、出世していくため『出世長屋』とも呼ばれていた──。河童の神様が奉られた長屋で起きる奇蹟の感動物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「三年長屋」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 人情味に満ちた物語だった。三年住むと願い事が叶うという長屋を舞台にいろいろな人が入り乱れ様々な交流を描いている。主人公は、この三年長屋の新米差配となった左平次。この左平次が非常なお節介者で、人にどうこ 人情味に満ちた物語だった。三年住むと願い事が叶うという長屋を舞台にいろいろな人が入り乱れ様々な交流を描いている。主人公は、この三年長屋の新米差配となった左平次。この左平次が非常なお節介者で、人にどうこう言われてようと少しも懲りずに口を挟んでいく。他に登場する人物もとても明るく楽しい人ばかり。家主のお梅が送り込んでくる新たな住人たちやお梅自身にも事情がありそうで、他にも悪役人と悪家主コンビが正体を現し、左平次との対決の話も盛り込まれている。てんやわんやで楽しい群像劇だった。 …続きを読む
    のぶ
    2020年04月16日
    90人がナイス!しています
  • 85/100点 初読みの作家さん。河童を奉り3年住むと願いが叶うという「三年長屋」を舞台に、そこの差配を中心にした長屋の住民の暮らしと騒動を描いた江戸の人情物語。日頃時代小説を読まない自分でも、涙あり 85/100点 初読みの作家さん。河童を奉り3年住むと願いが叶うという「三年長屋」を舞台に、そこの差配を中心にした長屋の住民の暮らしと騒動を描いた江戸の人情物語。日頃時代小説を読まない自分でも、涙あり笑いあり、そして最後には悪い奴らを懲らしめる話しが面白く、充分楽しめさせて貰えました。ただ登場する人たちにもう少し魅力があればもっと良い作品になったのではないかと思われる点が少し残念です。 …続きを読む
    おたけஐ೨💕🥒🍅レビューはボチボチと…
    2020年07月24日
    73人がナイス!しています
  • 佐平次のずれたお節介ぶりが面白い。 真面目に生きていたら幸せになる。世の中も捨てたもんじゃないなあと思いました。 コロナ自粛中、人と人との結びつきの大切さを感じさせてくれました。 佐平次のずれたお節介ぶりが面白い。 真面目に生きていたら幸せになる。世の中も捨てたもんじゃないなあと思いました。 コロナ自粛中、人と人との結びつきの大切さを感じさせてくれました。
    朝顔
    2020年06月05日
    52人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品