複眼人 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコニコカドカワ祭り2021
ニコニコカドカワ祭り2021
発売日:
2021年04月05日
商品形態:
電子書籍

複眼人

  • 著者 呉 明益
  • 訳者 小栗山 智
発売日:
2021年04月05日
商品形態:
電子書籍

世界十数か国語に翻訳。『自転車泥棒』の呉明益の最高傑作、待望の本邦初訳!

ある日突然、台湾に巨大な塊が押し寄せた。それは人間が捨てた「ゴミの島」だった――。夫と息子を失い絶望する大学教師と、言葉を解さぬ島の少年の出会いを軸に、多元的視点と圧倒的スケールで描く幻想小説。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「複眼人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 色濃く、そして何度も現れる死のイメージ。生命を生み出し、そして呑み込む大いなる海。神の恵みと罰。でも結局何が何だか…自分の読解力の無さが嘆かわしい。 色濃く、そして何度も現れる死のイメージ。生命を生み出し、そして呑み込む大いなる海。神の恵みと罰。でも結局何が何だか…自分の読解力の無さが嘆かわしい。
    みっちゃん
    2021年07月26日
    135人がナイス!しています
  • 台湾の東海岸にゴミの渦が押し寄せる近未来が舞台。環境問題に深い関心を持つ著者ならではの作品で、先住民の風俗や信仰、神話などをふんだんに盛り込んだ寓話的な世界観が特色。一時的に片付けても別のゴミが押しや 台湾の東海岸にゴミの渦が押し寄せる近未来が舞台。環境問題に深い関心を持つ著者ならではの作品で、先住民の風俗や信仰、神話などをふんだんに盛り込んだ寓話的な世界観が特色。一時的に片付けても別のゴミが押しやられる様は現代人の問題意識を揶揄するよう。作家、海洋生態学者、地質学者など多岐に渡る視点は、現状を複眼的に捉えてグローバルな水準で取り組む必要性を訴えているのだろう。トンネル工事やアザラシ猟のようなわかりやすい例ですらジレンマは存在する。「激しい雨は今にもやって来る」—人類と自然の共存を静かに問いかける一冊。 …続きを読む
    のっち♬
    2021年09月26日
    122人がナイス!しています
  • 架空の太平洋の孤島を出た少年が主要人物の1人だったこともあり、神話の、それも天地創造とその終末を著した物語を彷彿とさせる。海山の恵によって生き、そしてそれからの離別を強いられる原住民(※)が最前線にい 架空の太平洋の孤島を出た少年が主要人物の1人だったこともあり、神話の、それも天地創造とその終末を著した物語を彷彿とさせる。海山の恵によって生き、そしてそれからの離別を強いられる原住民(※)が最前線にいるが、作家は彼らに特等席を与えない。漢族のアリスも、彼女の配偶者を含む北欧人達も共にその渦中に投げ込まれ漂う。作中の複眼人は、人類の行為を批判したりしない。ただ、他の生物がその本性に従って生きねばならぬのと同様、アリスが物語を紡ぐ様に象徴的行為を行い、それにすがって生きて行かざるを得ないことを(続) …続きを読む
    ばたやん@かみがた
    2021年08月01日
    106人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品