角川新書

忖度社会ニッポン

なぜエリートほど自己保身に走るのか。“暗黙の空気”に縛られる人の真実

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年11月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
200
ISBN:
9784040821948
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川新書

忖度社会ニッポン

なぜエリートほど自己保身に走るのか。“暗黙の空気”に縛られる人の真実

  • 著者 片田 珠美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年11月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
200
ISBN:
9784040821948

なぜエリートほど自己保身に走るのか。“暗黙の空気”に縛られる人の真実

「森友・加計」学園問題で話題になった忖度は、相手の意向を推し量り、先回りして満たそうとすることである。忖度する人の胸中には、自己保身欲求や喪失不安、承認欲求や何らかの見返りへの期待などが潜んでいる。忖度がはびこる日本社会の根底に横たわる構造的問題をあぶり出す。

もくじ

第1章 忖度社会
第2章 なぜ忖度するのか
第3章 なぜ日本では忖度がはびこるのか
第4章 なぜ忖度はなくならないのか  
第5章 対処法

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「忖度社会ニッポン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 忖度社会ニッポン。片田珠美先生の著書。ニッポンが忖度社会、無責任社会である背景には、忖度人間、無責任人間が多いことにある。責任回避で自己保身を図り、承認欲求と自己顕示欲、自己利益を満たすためために忖度 忖度社会ニッポン。片田珠美先生の著書。ニッポンが忖度社会、無責任社会である背景には、忖度人間、無責任人間が多いことにある。責任回避で自己保身を図り、承認欲求と自己顕示欲、自己利益を満たすためために忖度する。そこにあるのは無責任な自分中心主義だけ。片田珠美先生の著書はいつも説得力があります。忖度社会をニッポン全体で変えていこうという決意が必要です。 …続きを読む
    香菜子(かなこ・Kanako)
    2018年10月24日
    38人がナイス!しています
  • 17年の流行語、忖度を題材に日本人気質を論じているんだが何となく著者の他著の焼直しの様な。 17年の流行語、忖度を題材に日本人気質を論じているんだが何となく著者の他著の焼直しの様な。
    council
    2017年12月26日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品