試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年08月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
192
ISBN:
9784040821610

沖縄と国家

  • 著者 辺見 庸
  • 著者 目取真 俊
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年08月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
192
ISBN:
9784040821610

基地問題の根底に横たわるこの国の欺瞞を、闘う二人の作家が告発する!

だれも傍観者、忘却者であってはならぬ――

沖縄問題は、ヤマトゥが糊塗した欺瞞そのものである。
本質を射貫く眼差しと仮借ない言葉でこの国の歴史と現在を照らし出す徹底討論!

もくじ

はじめに 目取真俊
第一章 沖縄から照射されるヤマトゥ
第二章 沖縄における基地問題
第三章 沖縄戦と天皇制
第四章 国家という暴力装置への対抗
おわりに 辺見庸

メディアミックス情報

NEWS

「沖縄と国家」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • やはり琉球処分から出発すべきなのだ。独立国だった沖縄の植民地化から日本の近代は始まったのであり、1972年の沖縄復帰は復帰ではなく再植民地化だった。だからこそ現在の米軍の沖縄への仕打ちにこれほどまでに やはり琉球処分から出発すべきなのだ。独立国だった沖縄の植民地化から日本の近代は始まったのであり、1972年の沖縄復帰は復帰ではなく再植民地化だった。だからこそ現在の米軍の沖縄への仕打ちにこれほどまでに無関心でいられるのだろう。読んでいるうちになにもかも打ち捨てて辺野古に座り込みに行きたくなるが、家族が、仕事が、と尻込みしてしまう自分が情けない。私に従う者は家族も財産も捨てよと言ったイエスの言葉が蘇る。指紋がなくなるまでカヌーのオールを握り続ける目取真さんには深い敬意を感じ、自分の生ぬるい日常が嫌になる。 …続きを読む
    松本直哉
    2020年01月05日
    20人がナイス!しています
  • なんでこんなに腹立たしい本なのだろう。バートルビーは目取真俊ではなく辺見庸だ。辺見庸が目取真俊に寄りかかる感じの本になっている不快さ。沖縄の基地闘争をしている行動する人と個人に拘り続けている辺見庸では なんでこんなに腹立たしい本なのだろう。バートルビーは目取真俊ではなく辺見庸だ。辺見庸が目取真俊に寄りかかる感じの本になっている不快さ。沖縄の基地闘争をしている行動する人と個人に拘り続けている辺見庸ではどうも立場が違ってしまう。辺見庸が根本的なところでバートルビーなのは「自同律の不快」という日本人に同化出来ない苛立たしさだろう。沖縄人として行動出来る目取真俊に対するやっかみのようなものを感じる。けれどもだから辺見庸がまだ言葉を書き続けるのなら読みたいと思うのかもしれない。捨てきれないものがまだあるのだ。 …続きを読む
    かふ
    2017年09月04日
    9人がナイス!しています
  • Youtubeで奥崎謙三の政見放送が拝見できる。 奥崎氏を狂人扱いする現在の方が、狂気じみている。 実行主体を隠し、責任を曖昧にする象徴天皇制。 沖縄や南洋で犠牲になった慰安婦たち。 基地を維持するよ Youtubeで奥崎謙三の政見放送が拝見できる。 奥崎氏を狂人扱いする現在の方が、狂気じみている。 実行主体を隠し、責任を曖昧にする象徴天皇制。 沖縄や南洋で犠牲になった慰安婦たち。 基地を維持するより、返還後の跡地を活用した方が税収や雇用も増大して経済効果があったと。 為政者たちの好都合な報道を、鵜呑みにしない習慣。 …続きを読む
    Happy Like a Honeybee
    2017年11月08日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品