青梅線レポートの謎 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2017年11月29日
商品形態:
電子書籍

青梅線レポートの謎

  • 著者 西村 京太郎
発売日:
2017年11月29日
商品形態:
電子書籍

最新テクノロジーに、十津川が挑む、未だかつてない展開に、驚愕せよ!!

奥多摩で「OMレポート、もしくは青梅線レポートを知らないか」と訪ね歩いていた男が刺殺された。被害者の足どりを追って奥多摩へ向かうことになった十津川警部。数ヶ月前、奥多摩町役場の助役の娘・亜紀も、同じ言葉を口にしていたが、行方不明になっていたことが判明する。十津川は、亜紀の部屋で見つけた30cmくらいのロボットを警察に持ち帰ったところ、そのロボットが爆発。さらに、AIの第一人者の謎の死、奥多摩で発見されるクローンの猿と、謎が謎を呼んでいく……。奥多摩で進行する、巨大な陰謀とは……。そして、十津川警部の前に現れたのは、今までにない最新の敵だった!?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「青梅線レポートの謎」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 地元のJR路線なので気になり数十年ぶり(^_^;)に西村さんの本を手に取りました。十津川警部シリーズだし、もっと列車関係の話を期待していたのですが、何故かロボットやAI等を扱い、青梅線沿線を謎のエアバ 地元のJR路線なので気になり数十年ぶり(^_^;)に西村さんの本を手に取りました。十津川警部シリーズだし、もっと列車関係の話を期待していたのですが、何故かロボットやAI等を扱い、青梅線沿線を謎のエアバリアで覆い、青梅から東京、関東、日本を支配しようと目論む強烈な犯人。SFとしても中途半端でちょっと残念な作品でした。 …続きを読む
    よむよむ
    2018年01月31日
    79人がナイス!しています
  • バカバカしかった バカバカしかった
    ごへいもち
    2019年12月06日
    16人がナイス!しています
  • 約20年ぶりに読んだ西村京太郎の十津川刑事シリーズ。 今年の読書のワースト1作品に決定。以前、読んだ作品のような鉄道を使ったトリックは全くなく、B級マンガ以下の内容。 約20年ぶりに読んだ西村京太郎の十津川刑事シリーズ。 今年の読書のワースト1作品に決定。以前、読んだ作品のような鉄道を使ったトリックは全くなく、B級マンガ以下の内容。
    クサバナリスト
    2017年12月23日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品