いるいないみらい

いるいないみらい 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年06月28日
商品形態:
電子書籍

いるいないみらい

  • 著者 窪 美澄
発売日:
2019年06月28日
商品形態:
電子書籍

未来の選択に直面した人たちの、切なくもあたたかな物語。

話題作『トリニティ』『じっと手を見る』著者作品!

いつかは欲しい、でもそれがいつなのか、わからない。

夫と二人の快適な生活に満足していた知佳(35歳)。しかし妹の出産を機に、彼の様子が変わってきて……「1DKとメロンパン」
妊活を始めて4カ月が過ぎた。時間がないとあせる妻に対し、夫の睦生(34歳)は……「無花果のレジデンス」
独身OLの茂斗子(36歳)は、単身者しか入居していないはずのマンションで子どもの泣き声を聞いて……「私は子どもが大嫌い」

子どもがいてもいなくても……毎日を懸命に生きるすべての人へ、
そっと手を差し伸べてくれる、5つの物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「いるいないみらい」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 窪 美澄は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。夫婦と子供を巡る連作短編集、色々と考えさせられる佳作です。悩んでいる夫婦は、多いんでしょうね。子羊堂のメロンパンを食べてみたい🍞🍈🍞🍈🍞? 窪 美澄は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。夫婦と子供を巡る連作短編集、色々と考えさせられる佳作です。悩んでいる夫婦は、多いんでしょうね。子羊堂のメロンパンを食べてみたい🍞🍈🍞🍈🍞🍈 …続きを読む
    starbro
    2019年07月13日
    345人がナイス!しています
  • 若い世代の、子どもがいる、いない。子どもを持つ、持たない等の未来に向けた短編集。5つの物語が収録されているが、テーマは似ていても、どれも違った切り口で読み手に問いかけてくるような作品集だった。これらの 若い世代の、子どもがいる、いない。子どもを持つ、持たない等の未来に向けた短編集。5つの物語が収録されているが、テーマは似ていても、どれも違った切り口で読み手に問いかけてくるような作品集だった。これらの環境は千差万別。窪さんはいろんな状況を描き分けて、どこかに希望が見えるような結末を用意していて、全体としてうまくまとまっていると思った。子どもの未来は大きく考えれば、いま日本が抱えている問題にもつながる。そんな大きなことまで考えなくても、こんな人たちは自分の周りに多く存在するのだろう。 …続きを読む
    のぶ
    2019年07月14日
    238人がナイス!しています
  • 私もかつては子供だったー大人になって、夫婦になる事。親子であること。家族でいる事ー望んでも持てない人もいれば、持ちたくない人、望まないのに持った人。失ってしまった人に、捨てられた人・・ちょっと切なくて 私もかつては子供だったー大人になって、夫婦になる事。親子であること。家族でいる事ー望んでも持てない人もいれば、持ちたくない人、望まないのに持った人。失ってしまった人に、捨てられた人・・ちょっと切なくて暖かい短編5編。どれも良かったが『私は子供が大嫌い』『ほおずきを鳴らす』が好み。そして、子羊堂のメロンパンが食べたくなる。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2019年07月18日
    236人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品