角川選書

ドゥ・ゴール

発売日:
2019年04月26日
商品形態:
電子書籍
ドゥ・ゴール 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川選書

ドゥ・ゴール

  • 著者 佐藤 賢一
発売日:
2019年04月26日
商品形態:
電子書籍

いま学ぶべき「大政治家」の見識と手腕とは。直木賞作家が描く歴史人物評伝

先のみえない世界情勢が、いまドゥ・ゴール時代と符合する。「まだドゥ・ゴールは終わっていない」。彼の思想や業績は死してなお現在進行形である。強いフランスの威信を内外に訴えた大政治家の足跡を鮮やかに描く。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ドゥ・ゴール」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • イギリスやアメリカは「おアメリカ」「おイギリス」とは言わないのに、フランスだけは「おフランス」と言う。そこには揶揄が込められている。祖国フランスを追われイギリスの二枚舌の名人チャーチルを時に頼り牽制し イギリスやアメリカは「おアメリカ」「おイギリス」とは言わないのに、フランスだけは「おフランス」と言う。そこには揶揄が込められている。祖国フランスを追われイギリスの二枚舌の名人チャーチルを時に頼り牽制しながら、大国アメリカを利用しつつも核の傘のもと守られようなど思わず、自国の舵取りを譲らなかった。国とも国民とも離れ頼りはBBC放送のみという最も弱い立場にいながら、一歩も引かず物申せた男-イギリスがもめながらもEU離脱を選び、ヨーロッパの雄ドイツも首相が辞任を発表。EUがごたごたしている今こそ登場して欲しい。 …続きを読む
    星落秋風五丈原
    2019年05月30日
    35人がナイス!しています
  • エリート軍人として順調なキャリアを歩んできたドゥ・ゴール。しかしWWⅡが勃発、ドイツの侵攻により国外へ亡命、自国の主権を取り戻す戦いを始める…。買ってから気づいた、小説ではなかったと。あとがきによると エリート軍人として順調なキャリアを歩んできたドゥ・ゴール。しかしWWⅡが勃発、ドイツの侵攻により国外へ亡命、自国の主権を取り戻す戦いを始める…。買ってから気づいた、小説ではなかったと。あとがきによると、やはり没後まだ日が浅くノンフィクションの体しか取れなかったらしい(でも同年代のチャーチルはこの前映画化されてたけど…)。しかしWWⅡ中のナチス、親独のヴィシー政府、かならずしも味方ならずの英米を相手にとっての大立ち回りはまさに大河ドラマ。これはぜひとも小説のスタイルで読みたかったなぁ…。 …続きを読む
    イトノコ
    2019年06月09日
    11人がナイス!しています
  • 第二次世界大戦でフランスを解放した立役者であるドゴールの評伝。色々な本にドゴールの名前は出てくるが、彼を主人公にした本は読んだことがなかった。第二次世界大戦はともかく第五共和政、アルジェリア戦争の辺り 第二次世界大戦でフランスを解放した立役者であるドゴールの評伝。色々な本にドゴールの名前は出てくるが、彼を主人公にした本は読んだことがなかった。第二次世界大戦はともかく第五共和政、アルジェリア戦争の辺りは面白く読めました。フランスは政治的には今も昔も傲慢だが、実力、自信のなさからくるのだろうか。この本を読んだ感想。 …続きを読む
    TK39
    2019年06月21日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品