試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年02月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
324
ISBN:
9784042560425

最悪探偵

  • 著者 望 公太
  • イラスト 小玉 有起
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年02月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
324
ISBN:
9784042560425

その探偵、犯人よりも凶悪。

一筋縄ではいかない探偵ばかりが集う『昭和探偵事務所』。
そこで働き始めた早乙女桃色はひょんなことからある殺人事件に巻き込まれてしまう。

「私、第一発見者ですよ!?
 ミステリーだったら一番怪しい奴がなんと私ですよ!?」

桃色に助けを求められた所長の手配でやってきたのは、風変わりな格好の男。
探偵ナンバー03『最悪探偵』の南陽。彼はどこまでも最悪な探偵だった―――。
最悪な探偵が! 最悪な容疑者を!! 最悪なやり口で追い込む、痛快事件録!!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「最悪探偵」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 探偵小説の醍醐味は謎解き『ではない』。一言一句まで意識を張りつめた、緻密なロジックを凝らした本格推理小説を嘲笑うかのようでさえあえる。ミステリーの神髄は無責任に真犯人を責め立てる快感なのだというのが本 探偵小説の醍醐味は謎解き『ではない』。一言一句まで意識を張りつめた、緻密なロジックを凝らした本格推理小説を嘲笑うかのようでさえあえる。ミステリーの神髄は無責任に真犯人を責め立てる快感なのだというのが本作のテーマ。作中で出てくるトリックはあまりにも稚拙で、『大層なトリックなんかなくても魅力的なキャラとインパクトのある落ちさえあれば面白いミステリは書けるんだよ』という著者のメッセージが伝わってくる。南陽は邪悪なようでいて、その身勝手な振舞いは現代によくある匿名の第三者による無責任な糾弾への風刺でもあるのかな。 …続きを読む
    流言
    2017年03月30日
    27人がナイス!しています
  • 最悪探偵面白い。   ネタネタでメタメタでベタベタな探偵小説。    悪道を往く探偵小説。   こういうのを求めていた。ような気がする。     一章二章三章とそれぞれ主旨が異なっていてそれぞれ面白い 最悪探偵面白い。   ネタネタでメタメタでベタベタな探偵小説。    悪道を往く探偵小説。   こういうのを求めていた。ような気がする。     一章二章三章とそれぞれ主旨が異なっていてそれぞれ面白い。   続きが出るのか知らないが続きが楽しみな作品だ。 …続きを読む
    nayu
    2017年04月13日
    22人がナイス!しています
  • #ラノベ 作者らしいメタとゲスが入り混じった一風も二風もかわった推理小説だった。特に最終話はサイコーだった。いやあ、ゲスだし酷いけど爽快感もたまらない #ラノベ 作者らしいメタとゲスが入り混じった一風も二風もかわった推理小説だった。特に最終話はサイコーだった。いやあ、ゲスだし酷いけど爽快感もたまらない
    水無月冬弥
    2017年03月14日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品