ある日うっかりPTA

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年04月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784041052570

ある日うっかりPTA

  • 著者 杉江 松恋
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年04月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784041052570

「PTAって大変そう」!?PTA会長を実際に3年務めたルポ!!

金髪、ヒゲ、サングラスのフリーライターがひょんなことから、息子が通う公立小学校のPTA会長に就任!自分には無関係な存在として大した関わりも持ってこなかったPTA。三年の任期を経て今、感じることとは――。

PTA会長になるのは簡単だ。(中略)なぜならば公立小学校の場合、自分からPTA会長をやりますなんて言い出す人間はほぼ皆無だからである。PTA会長に大事な資質。それは、おっちょこちょいであることだ。はい、おっちょこちょいです。私、自分でも自分がおっちょこちょいだと思います。そうじゃなかったら、PTA会長なんてなるわけがないじゃないですか――。(本文より)

【目次】
(一)PTAなんて別世界の出来事と思ってた
(二)俺の金髪に触るなよ
(三)教育者なんてガラじゃない
(四)みんなでチームになりましょう
(五)がんばらない、をがんばろう
(六)うちのPTAだけ変じゃないですか?
(七)みなさんの力を借りたいんです
(八)未来の行事より今が大事さ
(九)PTA、辞めちゃだめなんですか?
(十)PTAはちゃんと卒業すべきものだ


「PTAの常識」は日本の常識じゃなかった!――白河桃子氏(ジャーナリスト)

おかしなことは、変えられる。いらないものは、やめられる。
変人PTA会長が、小さな革命を起こした!――荻上チキ氏(評論家)


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ある日うっかりPTA」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 我が子の小・中・高時代に、何度かPTAに関わった経験があるので、杉江さんの体験記を懐かしく読ませてもらいました。どっぷりとその中に浸かっているときには気づかなかったあれこれを思い出して、苦笑。田舎から 我が子の小・中・高時代に、何度かPTAに関わった経験があるので、杉江さんの体験記を懐かしく読ませてもらいました。どっぷりとその中に浸かっているときには気づかなかったあれこれを思い出して、苦笑。田舎から東京に引っ越し、右も左も分からない私もPTAでお友達が出来たり、それなりに楽しみました。仰天エピソードも!夫が職住一緒と言う環境、当時は携帯の普及前、家の電話で私宛にかかってくる電話の取り次ぎの夫の声が感じいいので、是非PTA会長を引き受けて下さいという依頼が(笑)もちろん即座にお断りしたけどね! …続きを読む
    ゆみねこ
    2017年08月25日
    89人がナイス!しています
  • PTAグランパ的な小説かと思って借りて来たらノンフィクション物でした。小学校で会長3年勤めた記録。なかなかの行動力を持ちPTAの改革を行うところ興味深かった。 PTAグランパ的な小説かと思って借りて来たらノンフィクション物でした。小学校で会長3年勤めた記録。なかなかの行動力を持ちPTAの改革を行うところ興味深かった。
    千穂
    2017年08月19日
    49人がナイス!しています
  • 作者が小学校PTA会長を務めた時のルポ。PTAあるあるや「うちの学校とはちょっと違う」などとても興味深く読んだ。それにしてもPTA会長はかくも大変である。私は本部役員をしているが事あるごとに「向いてな 作者が小学校PTA会長を務めた時のルポ。PTAあるあるや「うちの学校とはちょっと違う」などとても興味深く読んだ。それにしてもPTA会長はかくも大変である。私は本部役員をしているが事あるごとに「向いてないなあ」と思う。PTAに向いているのはいかに人との繋がりを密にするか、ということだ(悟り)。地域やP達との小さな繋がりが、何かと役に立つのだ。分かっているけどそれが出来ない(何せ本さえ読んでいれば幸せな人間なので…)。その才能がないのだと思う。松江さんは今でも当時のP仲間と旅行に行ったりするらしい…すごい。 …続きを読む
    kumiko
    2017年08月27日
    46人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

杉江松恋

1968年東京都生まれ。慶應義塾大学卒業。国内外のミステリをはじめとする文芸書やノンフィクションなど、幅広いジャンルの書籍について書評・評論活動を展開。読書会、トークイベント、落語会などの主催も精力的にこなす。著作に『読み出したら止まらない! 海外ミステリー マストリード100』 (日経文芸文庫)、『路地裏の迷宮踏査』(東京創元社)、共著に『桃月庵白酒と落語十三夜』(桃月庵白酒氏との共著、KADOKAWA)がある。

最近チェックした商品