試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年02月07日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
242
ISBN:
9784048925600

獣王の貢ぎ嫁

  • 著者 華藤 えれな
  • イラスト 北沢 きょう
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年02月07日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
242
ISBN:
9784048925600

花嫁とは名ばかりの“生贄”として捧げられ……。

孤独な少年・紫生は、生贄の花嫁として嫁いだ獣王の島で、
獅子の化身キリアンに優しく迎えられて……!?

アイルランドの港町でひたむきに生きる天涯孤独の少年・紫生は、
呪いから町を救うため、生贄の花嫁として、
恐ろしい獣王が棲むという「妖精島」へ嫁がされてしまう。
そこで紫生を迎えたのは、紳士的な獅子の化身・キリアンだった。
優しい彼が本当に人々に恐れられる獣王なのか?
キリアンに愛されながら、紫生は次第に伝説に隠された哀しい真実を知ってゆく……。
妖精の国を舞台に繰り広げられる、まことの愛のおとぎ話。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「獣王の貢ぎ嫁」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★☆☆。呪われた獣王攻め×不憫健気受けの花嫁もの。最初は受けの置かれている不憫な状況が続いて辟易しましたが、生贄となって妖精の島へ渡ってからは攻めは優しくて生活も穏やかで一安心。スペイン人の呪いに ★★★☆☆。呪われた獣王攻め×不憫健気受けの花嫁もの。最初は受けの置かれている不憫な状況が続いて辟易しましたが、生贄となって妖精の島へ渡ってからは攻めは優しくて生活も穏やかで一安心。スペイン人の呪いに縛られている攻めの状況は興味深くて一気読み。ですが、攻めもある意味健気でちょっとヤキモキしました。側仕えのコナーと子猫のミアンと祖母のペンションでパン作りしているのも微笑ましい。健気×健気な優しいお話でした。 …続きを読む
    たべもも
    2017年02月10日
    39人がナイス!しています
  • 最初は良かったんだけどね…話も悪くないんだけどね…。好きな健気受けなんだけどね…う~ん……他の方が書いているように詰め込み過ぎだったのかな。どれも中途半端な感じ。スペイン無くても良かったかも。獣王が優 最初は良かったんだけどね…話も悪くないんだけどね…。好きな健気受けなんだけどね…う~ん……他の方が書いているように詰め込み過ぎだったのかな。どれも中途半端な感じ。スペイン無くても良かったかも。獣王が優しいのかツンデレなのかどっちつかずだし、もっとあっさりめでたしめでたしの方が良かったのかも。ファンタジーとしてもblとしてもあと少し!が足りないかなぁ…って感じでした。 …続きを読む
    そらねこ
    2017年08月12日
    31人がナイス!しています
  • お話は好みなはずなのに、最後まで世界観に入り込めなかったのは、生意気を言いますが、文章構成に問題があると思いました。時系列はあっちこっちに飛び、説明が何度も冗長に流れ…海外旅行に度々出かけられる華藤先 お話は好みなはずなのに、最後まで世界観に入り込めなかったのは、生意気を言いますが、文章構成に問題があると思いました。時系列はあっちこっちに飛び、説明が何度も冗長に流れ…海外旅行に度々出かけられる華藤先生ならではの、その土地の魅力を伝えたいといったこだわりが、返って今回間違った方向を作ってしまったのではと。アイルランドの湖水地方と荒涼とした土地、ケルト神話、メルヘンな妖精の世界、中世のお城、スペインの無敵艦隊の悲劇、描きたいものを詰め込みすぎていて、肝心な恋愛の熱そのものが薄まってしまったと思います。 …続きを読む
    のこ
    2017年07月28日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品